2007年04月16日

再起を賭けて。

ボロボロに負けてからの復活戦、相手は茶柱さん。相手に不足はねえええ!

今日の朝、家を出るとき目標を立てていた。

まず1トップをとること。そして、自分の麻雀をちゃんと表現すること。結果よりも内容だ。

風向きは変わりつつあった。

序盤は流れの取り合いだった。上家がゼンツでささりまくる中、誰が流れをつかむかという試合。

茶柱さんに走られるも、なんとかくっついていく展開で、明らかにこの前とは違った。

とにかく我慢した。

安手をあがりながら受けに回った。リーチに対しては、無筋を切りながらも受け切る。

そして3半荘目、ついに23半荘ぶりのトップをとった^^v



今日はバランス重視に切り替えて、強引な攻めはせず、とにかく受けとフットワーク。

影村さんが後ろで見た中では、678の三色と789の三色の天秤でしたっけ。


ドラ

バリエーションの多さなら自信がある。

三色がくずれた以上、打が手筋。

が、あえてここは打





昔やったことがあるこの技。



これこそ食いかえの醍醐味w



即出の満貫。

とにかく鳴きで自分を表現する。それこそ俺の生きる道だ!



ポンから入り



ダブ南をツモれば跳ね満の手に仕上げ、


ドラ

タンヤオにいくとドラが出るため、けん制も含めてから食いついて、



鳴きは見えないところを追うと、どうにでも変化する生き物。

その後もタンヤオと字牌のダブルバック、色染めと字牌のダブルバック、三色と役牌のダブルバック、トイトイと字牌のダブルバック、いろいろなバリエーションで鳴いた。

あれ・・・・牌姿が・・・・。あ、そうだそうだ。

こんなのも。



東場のラス親での仕掛け。高めツモで8000オールの手。

そういやこれ、あがれなかったな。字牌が出切って、相当安そうに見えたと思うんだけどw


あとは見せ場といえば、得意の染め手。


ドラ

10順目をツモって、場を見渡す。これだけ俺がピンズを固めているのに、ピンズが出てない。

山にいる!!!!!!!

うおおおおおおおおお





2順でメンチンに切り替わり、流局間際に倍満をツモあがる。


まあいろいろありました。

打撃、受け、絞り、どれも持てる物を表現できたと思います。

ちなみに絞りですが、影でかなりの絞りを見せていました。

一番いい(ひどい?w)例をあげると、タンヤオ三色赤のカン待ちでテンパイをしても、待ちが2枚きれであるのを見て、ドラのを切らずに抑え、テンパイをはずしたり。

上家がでダマの親満にささったのを見て、ひやひやしましたw



で、今日の結果は、231321413212443で、4250円負けです。

結果にはもちろん満足いってないですが、今日のような麻雀が打てれば、今の悪い風が過ぎ去ったとき、またいい結果が出せると思います。


今日の敗因はといえば、好調の茶柱さんに対して、上家が真っ向勝負をしてしまったこと。中盤で、完全に茶柱さんのリーチをかわしにかかっていた俺だったけど、俺のかわしよりさらに前線に飛び出してしまったこと。

別に上家のせいってわけじゃなくて、俺がもっとかわしにいってることをアピールするとか、そうでなければ逆に、茶柱さんのリーチ仕掛けにあえて俺が飛び込んで、上家を降ろして1対1の状況を作れればよかった。

当然1対1、リーチ対かわし、となれば、圧倒的に俺の方が有利になる。


そして最大の敗因・・・・・は・・・・。

あのインパチだな・・・・。体力不足が否めません・・。

ずっと椅子に座ってて、左足がしびれたので、さすりながら打っていたら、とある1局で、完全に場が見えていなかった。

上家の仕掛けに対してが切れずに、単騎で押していた。

しかしこのとき、俺の視界から茶柱さんの存在を完全に消してしまった。

仕掛けに対してピンズを勝負した瞬間、茶柱さんから「ロン」の声。

メンホンのインパチだった。

このインパチ後、2000円ちょい浮いてたところから、ラスラス3着で一気にマイナスに転落しました。



集中力、麻雀体力が、だいたい俺はいつも8〜10半荘。これを過ぎると極端に集中が切れる傾向がある。

治さないとね。




と・・・・。特に今日の敗因には関係してないのですが、俺自身の麻雀の弱点がちょこちょこ見えたときがありました。

基本的に「渡り」の麻雀を打つ俺は、渡るときに1〜2順テンパイをはずす隙がある。

上のメンチンがいい例だけど、渡る瞬間に1順テンパイしてない順目がある。

当たり前といえば当たり前なんだけど、トイトイ・色染め・チャンタ、いろんな渡り打ちを基礎にする打ち方の自分の麻雀は、どうしても一度テンパイをくずす順目が存在します。

その隙をうまく抜けられると、手が打てなくなりそうですね。

まあどんな打ち方・スタイルを採るにしても、弱点は絶対あるんですけど・・・・。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:27| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれー('-'*)

全体的に「らしい」感じはしましたよ♪あれだけ序盤に数牌から仕掛けられると対応型は結構苦しいんじゃないかなぁ(好調だったから余裕を持って対応できたけど)。何切る勉強会はBBSにて!
Posted by 茶柱@6-5-3-1 at 2007年04月16日 23:43
おつかれさまです^^

残念なのは、キー牌が両脇ではなく茶柱さんに流れたことですね。上に書いた牌姿以外でも、

三三七七EEE Bポン、ダブ東ポン。

あのイッシーのリーチに一発で赤Dを切った後、五、四と切った局です。(トイトイにするというよりは、三六が切れないと踏んでの受けの攻撃でした。)

あれも・・・・、茶柱さんに七流れましたよね・・・。俺のテンパイ1順前か、テンパイ直後に。首をかしげながら手牌に吸い込まれたのを見て、がっかりしました^^;

しかも、茶柱さんに七が流れたということは、この九はワンチャンス、と思いながら、一瞬止まりながらも切って放銃w
Posted by 爆鳴きリーチ at 2007年04月17日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38946181

この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。