2007年04月24日

牌に見放された男

完全に牌に見放されたようです。残念ながら、負けすぎて、軽く金欠になってきましたw 結果を先に。2434431331の7950円負けです。

「ストレスのたまる麻雀たい・・・・。」

今日テーマをあげるとすれば、やはり超高速ラスと食い流れ。


最初入ったときは、対面がかなりの素人おっさん。対面なら楽勝だぜ、と脇を見ると、イッシーと、まあまあ打てるこ。うし、席は悪くねえ。

最初の半荘、勢い負けの2着を取って、いけそーーーー!!!っと意気込んだ矢先・・・・・。


「ご来店、○○さん、△△さん、点5ご希望でーす。」


ん?


下家「俺もうやめっから。」

この下家、対面のおっさんが点数計算もできない、打つの遅い、マナーも悪い、等々の理由でアツクなっていたのだ。




あ・・・れ・・・・?



そういや、最近両脇に変な人いること多いよな・・・。しかも今日はフルメンバーかよ。

ま、いっか。3人まとめて相手してやるぜ。




と、あほなことを心の中で言ったほんの数秒後から、俺は切り裂かれる。

東1、上家は知ってるやつだが、下家に入った(おそらく)東北大っぽい学生は、セットあがるの匂いで、態度だけでかい20歳前くらいのやつ。

毎回牌を中にいれ、長考の繰り返し。マナーは最悪。毎局、山だしてくれ、リンシャン下して、と結局最後まで言い続けたので、20回は言っただろうか、全く直してくれなくて、軽くキレそうになりました^^;

そして牌を横にして切るくせがあるため、いつリーチをかけたかもわからず、コシ使いまくりで、点数計算もあやふや。足を前に組んで、いすを後ろに引いてひじに顎乗せて打つ格好。


あーあ、一番嫌いなタイプきたよ(この時点では見た目だけだけど、見た目でだいたいわかる感じでした。)・・・・。

と、軽くホンイツの仕掛けをして、早々にこの1シャンテン。


ドラ

と、いきなり下家からリーチが入った。切りだった。

俺「おい、3そう下ろせよ。俺が勝負するぜ。」

なんて思ってたから、上家からもリーチ!


げ・・・・・。受けはいいけど、この手、ソウズ以外とまんねーぞ。

と、そこに引いたのは絶好のだった。


受けてたつぜ、その2件リーチ!



この時点で、ゼンツを決めた。もう鳴きリーチするしかねえ。


が・・・・・。


上家が一発ツモ・・・・。



カンのリーチ一発ツモ赤の4000オール2枚。



んなあほな・・・。




まいいや。こんなことあるさ。

1本場、配牌でこの悪くない1シャンテン。


ドラ

どうやらもう俺の復活らしいぜ、とかまたまたあほなことを心の中でつぶした瞬間・・・

上家がぬるめのチー。



へ、親だからってそんなぬるいチーするなんて、やっぱりこいつはいつもおいしいぜw

きゅっ、

ほらきた! 2順目のうきうきのリーチだった。

もらった。

そして一発ツモはまたもや

2枚はいらねーな。

すぱんっ


上家「ろーーーーーーーーーん!」



     えっ?
今なんて言った?

18300の3枚!





んんんんんんん?????????





あれ・・・・? 鳴きインパチって順目だっけ・・・・。一瞬俺はよくわからなかった。



タンヤオ・・・・・ドラ6・・・・

はい・・・確かに・・・w すんませんでした・・・(泣) ぬるい(?w)リーチでした・・・。

上家は超ご機嫌に、「うわああああ、赤3枚てんぱってたああww」


こんのやろー。



3半荘目、俺の地獄街道は薄々と現実となってくる。



中盤でこの2シャンテンで、三色あるけど苦しいなあと思っていたところ、絶好の引き。

びんびんにきてるぜ。この三色、仕上がる!

と、そこで対面の切りに、上家が両面で食いつく。

相変わらず両面食い好きだねーw とまだ余裕の俺。

が、その鳴きで下家が切ったに凍りつく。



うおおおおおおおい・・・・。



数順後、上家はタンヤオの300・500をツモあがる。



ふう。気にしないことだな。



が、すぐにきた親番で、



またもや三色目もある絶好手。親では申し分ない。

3順目、下家の捨て牌に目をやると、国士かチャンタ。まあチャンタってことはないだろうから、国士一直線かな。

そしてそれと同時に、上家が両面でチー!

しじみくんばりに安くするチー多いな・・・・。



しかしこのぬる目のチーが、また俺の目を下家の捨て牌に釘づけにした。

びしっ、

くっ

びしっ、

へ・・・?


下家は切れながら、「ああああーーーーー、もう!」とか言いながら、さらに

目をつぶるしかない・・・・・。

俺の形は出来上がってたんだ。軽々6000オールはツモれたであろう。



局は進んで、南1

国士に走っていた俺は、白(どら)が4枚切れたのを見て、チートイに切り替えた。

すいません、何を重ねたか忘れました^^; ホンロウチートイの待ちでした。

上家がコールド間近だし、ここはリーチで抑え込むか。

そう思ってリーチをかけた。3人の顔が一気に曇った。


ん? 確かに捨て牌すごいけど、役満はもうないし、チートイかチャンタくらいしか。


しかしおびえる様子が尋常じゃない。


下家の打牌に上家がロンの声。もうテンパイしてたのかよ・・・・。

結局コールドだった。


そこで下家がおれに聞いてきた。

下家「国士でしょ? あぶなかったあ・・・・。」








なんでこいつ俺の国士止めたぜみたいに勝ち誇ってんだ・・・。しかも3人とも安堵の表情。



ちょっとまてい!



白が4枚切れてること(いやでも、ドラだよな・・・・)を言おうと思ったけど、面倒なので言うのをやめた。そんなレベルの話に付き合うつもりはねえ。


ちょっと脳がとけそうなので、緑茶をすすりながら、ほっと一息。



しかし回りは止まらなかった。

配牌でチートイドラドラの1シャンテンでウキウキして、2順目にリーチ♪

一発目に入り目のを打たれ(俺は待ち)

逆に俺が一発目でペンを引かされ、三色赤ドラの跳ね満を振り、

リーチが追っかけられ、一発でカンをつかみ、

下家「リーチ、一発、赤3枚!! うわーーーーw すげーーーー! 裏さーーーーーーん。うわ、これ何点?」

まさに高速のラスだった。麻雀全然打ってないぞ・・・・(泣)



どうやったら引っくり返せるかずっと考えていた。しかしわからない。

次の半荘も、なかなかあがれないままオーラスに入り。



配牌で、ドラはないものの絶好ともいえるこの手が、テンパイしないとラスになるというオーラスなのに、この形を維持したまま18順ツモ切り、ノーテンのラス。



気持ちだけは失っちゃいけないとまた緑茶をすすりながらほっと一息^^;

イッシーが気になって後ろでずっと見ているものの、次の半荘も、かっこわるいところの連続。

3局大物手をいれるものの、すべてテンパイと同時に他家があがり、ツモすら許してもらえずの3着。

終わったやつの手牌見ても・・・・




いやいやいやいやいや、まだあきらめねえ!



腹をくくった俺は最前線まで飛び出した。長かった。この1トップ。48000点にすぐさまいくも、すぐに引きづり下ろされ、また昇り、下ろされ、その連続。東1局で48000点まで行ったはずが、オーラスまでもつれこんだ。

オーラスも上家が連荘を繰り返す。途中、対面からの三面待ちインパチを見逃して、俺からの直撃を狙う。

集中力マックスの俺は、降りながらも、見逃しを警戒して、対面の切った牌にもあわせなかった。

そして下家がささってインパチ。当然、え?って声があがる。

こんのやろう・・・・。


最後はぎりぎりの暴牌で、中のみの1000点をあがってからくも逃げ切り。

こんなときのトップほどうれしいものはないw

そして最後は、俺のトップ目で、上家がなぜか飛び寸の人を飛ばして、おこぼれトップ。



すべてに見放されている気分です。先月までと特になんら変わりはない。「負けそう」とか「今日はやばい」って思ったら、ほんとにやばくなると思う。それが人間の不思議な特性で、悪いことを考えると、悪い方向に無意識に向かってしまうらしい。(心理学より。)

しかし、そんなこともない。そもそも、打ってる途中で弱音を吐くこと自体嫌いだから。苦しい、とは言っても(いつだって苦しいですからね^^; 勝ってるときでも。)、絶対に、今日は負けそう、とかやばい、って言葉は言わないし、心の中でも思わないようにしてる。

この心理学の本には、確か、学校に行きたくないこが、病気になれば、なんて思ってると、病気になりやすいことを言っていた。なんとなくわかる気もするのだ。



なんにしても、既に大負け日の連続で5万円(ついに、テンピンでの記録も含めて記録更新となりました・・・。)も負けている俺は・・・・。

もう麻雀引退しなさいって啓示でしょうか。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 12:55| 宮城 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待てば海路の日和あり。今はぐっとたえてまた面白い武勇伝くるの待ってます。
Posted by 正也 at 2007年04月24日 16:11
「最近負けてる」ということが無意識下で打牌を変えてる可能性って、あるんだよね。

例えば上記のソウズのホンイツの話。仕掛けるなら状況も考えて上から3が降りてくるのがいいんだけど、「ツモってきてテンパイする」ことに関しては、3よりも1(or4or9)の方が長けてるような。この辺は自分がアツくなりにくい打ち手だからかもしれないけど、鳴きリーチのときも一呼吸置いて打牌した方が上達するかもしれませんよー。

今週末は打てる週末、なんだけど、俺の後ろ見をする環境・・・は、なかなかないだろうなぁw
Posted by ちゃば at 2007年04月24日 19:25
うーん、どうなんでしょうね。21のとき(メンバー期から)含めて、ついにピンの記録まで超えましたからね・・・。

もしかして力が落ちたのかな、とも思っています。点3だと、月で2万5〜6千負けてる計算ですよね^^; 弱すぎるw

自分の今の打ち方を後ろで自分で見れれば
いいんですが・・・。先日影村さんが俺の後ろで見たとおり、下手すると先月までより冴えてるかもしれないんですよね。

昨日もダマインパチの見逃し牌まできっちり止めて、リーチへの対応も自分でも驚くほどうまくいって。たいてい、テンパイしてからの勝負になるんですよね。リーチしてからつかんだり。

ただ、さすがに1分も経たずに半荘ラスをひくことが2回もあったのはショックでしたね・・・。片方は1分で飛んでるしw

ちなみに、ソウズ染めのは状況等特に書いてませんが、9sが枯れた後のテンパイなので、最終形でした。逆に14sを引いたら苦しい形でした。(そっちを先に引いたら、つっぱらずにまわしながらと思ってました。)
Posted by 爆鳴きリーチ at 2007年04月24日 23:25
理想主義、だからかなあ。

うん・・・・いろいろ書きたいことはあるけど・・・・。

何を考えているかは想像してください^^

ただ、負けには重い意味があると思っています。負けてるときに逃げないこと、というのが自論ですが、その真意がここにあります。

勝つとき(調子がいいときには)すぐ帰って、勝たないようにするのは、勝ちには意味が薄いからであって。

この負けに意味があるとすれば、やっぱり・・・、・・・そういうことなんだろうなあ。

あ、特に負けにうちひしがれてるってことはないので心配しないでくださいねw

今は、ゆっくり負けたことの意味を考えています。

もうこれ以上テクニックという部分に手を出すとか、勝ちに執着する、といったことをしなければ勝てないのであれば、麻雀の才能がないということなので・・・、うん・・。
Posted by 爆鳴きリーチ at 2007年04月24日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39886333

この記事へのトラックバック
お気に入りリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。