2008年03月20日

復活の狼煙

お久しぶりです。無事目の手術も成功して、勉強に励んでいます。まだ顔文字とかダウンロードしてないんで、その点はすんませんw


んー、だいぶ放置した麻雀のほうは、去年は結局8月終りのちょうど一年の結果が、携帯の記録だと+112200円まで盛り返しました♪

夏はよくわかんないくらいノリノリでしたね。4連勝とか5連勝が軽々でしたw

で、そのあと引っ越しまでの2か月は、−34200円です・・・・。マジ影村さんにやられたって感じですね・・・。



最近は知ってる人は知ってると思うけど、津神と打つべく東京を占めています。負けたら引退する覚悟っす(冗談ですよ!)

今のところの成績は、立川 +10200 +5500、新小岩 +7500、水道橋 +3200、船橋 +2100、高円寺 +9950(影村さんに一万超えたって言ったかも・・・・。携帯見たらチョイ違いましたTT)、吉祥寺 +6500、です。

次は新宿あたりを回ろうかと思ってます。


んー・・・。まだ(たぶん)7店舗なんでなんとも言えないけど、中央線沿線は微妙な気がします。なんだろ・・・。アキバ系っぽい人は、ほぼ間違いなくメンタルが弱すぎる。あきらめが早い。

結構人が入ってない店のほうがレベルは高い。

そんなところかなぁ。


ま・・・こんな話書いてもおもしろくもないと思うし、昨日の麻雀でも。

昨日は吉祥寺に某漫画の店に突入したわけですが、もっと広いかと思えばかなり狭い。それと・・・・正直暗い・・・。

そして1半荘目、いきなり手が入る。



ハイパイとしては上々。ドラが



タネはそろった。打



やばいよ、きちゃったよw



きたーーーーーー!!!!!! ポン!!



ポン!!

まぁ正直、こんなんあがれなくていいんだけどさ。形を作るのがまずは大切なんであって。



って思ったら

でたーw ポン!

すんなり高めツモって3000・6000

幸先いいっすね♪


2局目



上家が6順目リーチした時点でこの形。宣言パイに食いついてテンパイ取り。ドラは字牌だったんで忘れました^^;

しかし、即引いたのがまさかの

おいおい・・・・。俺はがほしかったんだよ・・・・。

しゃあねえ! 打

なんでノーテンで押さねーといけねーんだよ・・・・くそ・・・。



と、そのに対面が食いついて引いてきたのが

ん? まさかまさか? 勝てちゃう???

「カン!」

いたあああああああああああ!! ドラもろのりのタンヤオドラ5

どーしちゃったの、俺w こんな引き強かったっけ(笑)



3局目

上家の親リーに平和ドラ3テンパイ。曲げてもいいけど、対面の口だけ兄さん(正直口だけ達者って感じでした・・・)からこぼれそうなんでダマって、即ロンの満貫。

回ってきた親



ドラ

待ってもいいけど、ここは叩きどころ。当然曲げての4000オール。



1本場



ドラ

上家がよくわかんない仕掛けしてたけど、本線はおろしのカン三色手。

ってことで、マジなえしてました・・・。おそらく3900だと思うけど、俺はどー頑張っても最終形になったら飛び出る形。しかも場にが2枚出てるんで、読みも含めて残り1枚・・・。

引いてきたのが



ふぅ・・・・・。セットなら遊びでぶった切ってもいいけど・・・・。

苦肉のツモ切り。


ちっきしょう!



と、この局面を打破する一手がこのときひらめいたw

上家、あれを切れ!






そう、それ!!! チー!!!!


次順、

ツモおおおおおおおおおお。2100オール!! やっべぇ。


上家のアキバ系「あー・・・・。同テンかあー・・・。」



・・・・・・・



ど・・・どーしちゃったの、俺^^;



2本場

軽く仕掛けて、手なりの4200オール。



そんなこんなでラスなしのトップ3着の交互取りで、楽勝でした^^

個人的には高円寺のほうがレベルは高いような気がします。


影村さん、再戦待ってますよ!! 仙台でのリベンジの準備は万端っす。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 13:08| 宮城 ☔| Comment(34) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

ブログ閉鎖

長く日記をつけてきましたが、今日でブログを閉めようと思います。今後は麻雀をしても日記はつけません。

とりあえず来年の司法試験と法科大学院試験に向けて勉強します。

麻雀でもそうだったけど、口だけが嫌いなんで、来年の試験には十分な準備をしたいと思っています。結果がどうなるにしても。

最近の生活は、もう完全に法律から離れない生活をしています。朝8時くらいに起きてから、午前中3時間、昼過ぎから5時間、夜2時間のサイクルを基本に、打ち込んでます。調子のいい日で12〜3時間、集中できない日とか外出した日でも最低5時間は勉強するようにしてます。

最初はそのくらいやれば、とか思ってたけど、時間が全然足りません・・・。まあ、今までやってなかったから仕方ないんだけど。1年で受かるほど甘くないってねw




勉強してて、麻雀やっててよかったなーって思うときがあります。勉強に集中できない日とかやっぱりあるけど、そんなとき、「あっ、ここで勉強やめるのって、麻雀で負けてる時に逃げるのといっしょじゃん。」って思って、どんなにつらくてもやるようになりました。麻雀って打つのやめたらそこですべてが終わるし、勉強も字を書くことやめたらそこですべて終わるんだなって。

勉強も、とにかくつまんなくても基礎を叩き込んでいます。くり返しくり返し。単語を覚える時も、実践で使うには繰り返しやりまくって、瞬時にできないとだめだなって。、




まあ実はかなり逃げたい気分です。今すぐにでも、司法試験やめて就活しよー、とか言いたいけど・・・・w

麻雀ブログとして読んでくれてありがとうございました^^



勉強も、基礎を大切にする、つらいときに逃げない、言い訳をしない、他人のせいにしない、等々麻雀で得たことを忘れないでがんばります。

やるだけのことやって、あとはゼンツ!
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 20:50| 宮城 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

たまには更新せねば。

影村さんに誘われ、LECに寄った帰り、ちょこっとだけどら道楽に。

最近の俺の生活は、朝起きてから夜中2時まで勉強し続ける感じ。一人で勉強するの、好きなんだな〜実はw まーなんで一人で勉強が好きかっていうと、俺自身勉強してるときうるさいから、ですね。

あーだこーだ言いながら、、、、座ってるのがだるくなると部屋を歩きながら、、、、音楽も聞きながら、、、、気分転換にウイイレやって、一人叫びして、また勉強、みたいなことしてるからw

最初の1週間くらいは苦痛だったけど、続けてみるとこれが日課になって、今は時間が空けば「勉強すっか〜。」って机に向かってます。

来月には予備校の授業を受けるので、さらに忙しくなりそうです。



まあそんな近況だけど、麻雀は、まだ特に意欲が出ません。ただ今日打って、ストレス解消にはなったかな〜^^

降りる局なんてほとんどないぜええええ、とばかりに攻め続けました。やっぱあれって、スカッとするねw

結果は1324214で50円沈み。結果以上にいい内容だったかな。

しかしあの・・・・・。トントンとしじみくん・・・・。なーんも変わってなかったです。

しじみくんは毎局客があがる毎にうるさいし。


特に書くことないし、やっぱあれか。


上家のトントンがリーチして、それに取締役さんがカンして親追っかけリーチ。

とそこで俺は、


はっちったw

カンされて降りようと思ったのに。降りるとしたらマンズに手をかけるしかないんだけど、どう乗り切る。


上家なら刺さっても大丈夫だろ。ここはテンパイとらずにピンズに期待するか。



トントン「ロン、1300です。」

取締役さん「うわーーー、おいそれやめろよーーーー。」

差し込み気味の俺の打牌に文句を言う取締役さん。それもそのはず。

一発ツモで12000オールくらいあった・・・・。

影村さんも俺も悲鳴をあげ気味w

影村さん・俺「あぶねーーーーーーーw 助かったああ。」

取締役さん「まったく・・・。」






トントン「いやー、たまたまです(にやにや)」





ん?




あれ?・・・・・




なんでトントンの功績になってるの?!


もーいいよ、よくわかんね。さーって寝るか。

posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 00:41| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

無心

だあ、くそ、勉強集中できん! 破産法つっまんねーーーー。

こんなときは気分転換にブログでもw


今日は「無心」について。誰しも経験があると思うけど、ごく稀に、異常なほど全身の神経が溶け込んで、自分でも信じられないほどの力を発揮しているときってありますよね。おれは勝手に「無心」って呼んでるんですがw

そんなときって、自分の実力以上のものを出せるんですよね。まるでその物事に同化しているかのように。

その状態に入ったときって、不思議と何にも動じず、当然緊張なんてものもなく、恐怖感、焦り、その他いろんな感情すべてがなくなってませんか。

そして、頭で考えずとも、体が勝手に反応してませんか。


変な話、「無心」状態に入ったときって、負けることなんてありえないですよね。だいたい麻雀だと、1か月打って、1日くらいそんな日があると思うのですが。

この状態になったことがない人はおそらくいないと思うけど、もしいたら、たぶんその状態に入ることを否定しているんだと思います。もしくは気づいてないだけか。


もうひとつ、この状態に入ったときの特徴として、打牌スピードが一定のリズムで、異常に速くなります。頭で考えてない分、体が勝手に切ってるので速くなります。



俺はこの「無心」は、シンプルな動作を一定のリズムでこなすことでなるものだと思っています。

例えばこれは学校のテストとかでもなるときあると思うけど、数学とかなら、とにかく手を動かして計算しているうちにこの状態になって、頭では考えていない分、気づいた時には「あれ?もうこんなに終わってる。」ってなことにも。

これは経験ありますよね・・・w



まあこれといって結論があるわけではないんですけどw ふとそんな心理状態もあったなーって思ったので書きました。

毎日こんな状態になれれば、勉強はかどるのになー・・・・。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 14:20| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

本当の負けを認めるのかな。

今月の2回の学校のテスト、そして自宅授業とレポート書きで、毎日10時間以上机に向かう日々を送っています。そろそろ来年のことを考えないとな〜なんて思ってて、いろいろ調べてます。

さて、麻雀なんですが。今不思議なほど興味がなくなっています。非常にさっぱりした気分です。今まで麻雀にはまっていたことが信じられないくらいw

理由は自分でもわかってはいるんですが。負けたこと自体には別になんともないです。

今になって自分の麻雀の才能の無さをしみじみと感じています。

それが主な理由だと思います。


正直、一雀荘の勝ち組くらいなら、世に言うテクニックなんていらないと思っています。才能とある程度の技術さえあれば、年間トップ率35%、連帯率70%はいける数字だし、その一端はおぼろげながら見えました。そのくらいまではテクニックなんていらないなって。

そもそも、どら道楽程度で勝ち組になったとしても、ただの井の蛙だと思う。世の中は広いはず。

しかしそのどら道楽で、1月の不調であっても、6万も負けた俺ってどうなんだろうって。もう雀荘に通って5年です。才能がないとしか言えません。


以前さかえにいたときは、ここ10年で全国のさかえ系列で一番強かった伝説の奴は、アルバイトだったそうで。毎月10万の黒を出していたと聞きました。

どれだけすごいかは数字だけでわかると思うけど、何がすごいって、さかえはメンバー規制が激しいのに、その数字を叩き出したのが伝説です。

俺の場合は、4万点を超えての役ありリーチを禁止されただけでなく、たとえ自分が3着目であっても、リーチかけてツモって客を飛ばしてトップになる点数状況なら、その場合のリーチも禁止されました。ダマでツモって局を流せと。もし出てしまってあがれば2着だとしても、見逃して、手をくずして、その局はあがるなと。

このような細かい厳しい制約も設けられる中、メンバーとしてそんな数字を出す男がいることを知ってから、世の中広いな〜って思ってました。

メンタルについても、点3や点5でメンタルが強い人でも、それ以上のレートにいくと、メンタルは弱い部類に属します。メンタルはレートに比例します。

やはり違法レートまでつっこんだ経験のある裏あがりの人などは、メンタル面ではずばぬけていました。



そういう人たちを見てきたからこそ、学生のたまり場である一雀荘での先月の自分が許せません・・・w

今でも俺の美学は、麻雀は調子のいいときはつまらないからすぐ帰るということにあるし、こうやって負けたときには大きく公開していくことにあるし、体調等も含めて、言い訳はしないことにある。



気付かなかったけど、俺って人一倍プライドが高いんじゃないのかな。

美学を捨てて勝ちに徹することができないし、テクニックを身につける気もないし・・・・、1月の大負けで、もう自分の麻雀の才能の無さを悟って、麻雀への意欲が全くなくなってしまった・・・・。

暇さえあれば卓を出して練習してた山積みも、今はもうしていません。


麻雀に対してここまでさっぱりとやる気がなくなったことも初めてなのでよくわからないけど、またやりたくなるのかなー。

このまま意欲がないままってのも、またいいのかなー・・・w



実はプライドが高いんじゃないかと思う自分です・・・。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 02:31| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

麻雀人生、最低の月

4月の打ち納め、影村さんとの対決も、すべてを持っていかれました。結果は4224432143で、11200円負け。影村さんはご祝儀だけで5000円は浮いたとか・・・。しゅん・・・。

序盤から普段通りにテンパイをいれ、打ち続けていたが、何かおかしい・・・。どんな早い順目にどんな良いテンパイを組んでも引き負ける。


ときには・・・。


序盤で3連続でソウズを引き、


親でドラ色のソウズ。この広さならテンパイも時間の問題だな、と思っていたら、流局間際までソウズどころか字牌すらツモれず、さらに偶然のことか、上家からもソウズが1枚も出ず、ぎりぎりあと1回のときにポンしてテンパイ取り。

苦しいのう・・・・。

チーテンの速攻カンツ含みのテンパイも、がっちりガードの三暗刻満貫にぶちあたり。

リーチをするも、ほとんどあがれず、あがれても2600どまり。

まあでもそんな展開もよくあることで。4半荘で6000円ちょい沈んでたけど、特にいやな気はしなかった。むしろここから浮くのは簡単そうな雰囲気。

しかしここで、今日の命運をわける事件が。

東パツの影村さんが親でドラを切ってリーチにきた。まあほぼソウズのまたぎかなと予想して、ある程度つっぱろうとしたけど、あまり影村さんもツモれそうにもなさそうなので、とりあえず自粛。



が・・・・なぜかしびれを切らした下家が(また今日も点数計算できない学生風のこ・・・)「ポン!ポン!




うおい・・・・。それトイトイでもないよね・・・。ただの字牌バックじゃねーかよ・・・。

俺に刺せって?w そんなこと考えてるわけないか。ってか、影村さんのリーチに字牌切れないんですが^^;

もう好きにしてよ、と無視していたら、その鳴きに影響されて、今度はプロは謎のチー。

・・・・。

こっちはテンパイすら向かっているかもあやしいほどの仕掛け。



そしてこの仕掛けで・・・・・



影村さん「ツモ!!!!!」


おそらくラス牌であろうドラ表示牌のカンチャンをツモり、8000オール。これがきっかけになり、軽々と影村さんが4連勝をかざる。

正直止められなかった。

ほとんどすぐにツモるのだ。出あがりにもならないスピードで。

そして俺はと言えば??

ひどい有様でした。テンパイしてから引き負けることが数多く。親で3面待ち18000確定リーチをしても、影村さんが簡単にツモり、これまた18000リーチをするも、チー、ロン。がっくし・・・。

ダマにすれば、って思っても、リーチしてほとんど1順で決まるため、あまり意味もなさそうだし。

とにかく勝負手がことどとくテンパイと同時、もしくは1順でつぶされる。

一番それを象徴したのは・・・・、やはり役満。

序盤のチートイがあれよあれよと暗刻になり、影村さんの親リーチに四暗刻をテンパりぶつけ、めくりあいに。

が、影村さんが引き勝ち、ツモ。メンタンツモ赤、裏3!!


うっく・・・・、6000オールか・・・・。


と、イケメンも俺が役満ぶつけたのを知っているので、おもむろに次の俺のツモをめくると・・・・。


俺「つもおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」



なんで1牌差で負けるかなあ・・・w

もう今月こればっかしだから慣れたけどさあ・・・。



なんかよくわかんなかったなあ・・・、今日も。

プロは謎の仕掛けして、長考の連続だし、下家は点数計算すらできない素人だし。

「ロン! ピンフイーペーコー! えーっと・・・・ニーロク!」

お願いだから、俺を溶かさないでね・・・・w


まあでもプロは、俺に恨みでもあるのかってほど、プロのしたことの被害がすべて俺にきた感じだった。

俺の親リーに対して、プロは降りて打

珍しく一人旅できそうだ、と思っていたら、次順

対面の影村さんが切ったに、プロがチーの発声。

え?・・・

今切ったジャン・・・。

プロ「いやー、これ通った通ったw」




もうなんでもいいよ・・・。勝手にやって。


次順、今度はチー!

プロ「うわー・・・・こんなんでいけるのかあ??」


もう完全無視してる俺・・・・^^;


が・・・・・


この2つの鳴きで、なんと下家にテンパイが入り追っかけリーチ。

くぅ。

プロ「うわー、もうダメ、おりおり。」



ちょっと待てい!w



それってもしかして・・・・・



きゅっ







はあ・・・・。もうこの展開見飽きたよ。



すぱんっ



ロン! 8000!



見事なカンつかまされだった。

表面では、このような感じだったが、影村さんの話によると、水面下でもっとすごいことが・・・・。


このチー2つで、下家がつかむはずだった俺の当たり牌と、俺がツモるはずだった当たり牌を、両方影村さんに食い流したそうで・・・。

もうこれも今月多すぎて見飽きました・・・・。


まあ俺にはあんまり関係ないけど、なんかプロ、ドラを暗刻から切り出して、降り打ちしたのありました。影村さんウハウハです。

何を考えたら、降りてドラを切るのか理解に苦しみました。



さて、明日ちょっとぶらり旅行いくので、早く寝ないと。

4月の集計か。

14−19−23−23で、59850円沈みでした。

なんだこれ・・・・w そもそも負け額だけでも、点5で言えば3万4〜5千円、過去の最低記録を更新してるんですが・・・。

一度はおとずれる暗黒時代でしょうか・・・・。

正直今の俺に負ける人はいないんじゃないだろうか・・・・。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 02:07| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

華道

こんな時間に起きて何をするかと思えば・・・w

特に面白いことは書かないので、流してください^^;

個人的な考えなのですが、麻雀って茶道や華道に似てると思いませんか。ルールやマナー、等々覚えるところから始まり、お茶の本質を見ていく。その動作はいつも反復して、シンプルにシンプルに行動する中に、ものすごくいろんなことが凝縮している。

先日たまたま手にした、茶道の本を立ち読みしていて、これって麻雀に近いなー、なんて感じました。


ところでちょっと書きたいことは、茶道ではなく、華道ですw

華道はサッカーと似た本質を感じていました。サッカーは野球と違って、各ポジション一流を集めても、強くなるとは限りません。言葉を換えれば、サッカーは、タレントを揃えると、返って弱くなる傾向があります。

あるチームを作るにあたって、それは生け花と同じ志向をたどります。一つの作品として仕上げるとき、生け花は決して優美な花を揃えればいいというものではありません。優美で目立つ花は、2〜3本、あるいは1本で十分。重要なのは、一つの作品としてバランスが取れているか、その優美な花だけが目立っていないか、テーマがあるかどうか、いろんなことが考えられる。

つまり、一つの花としては最高に美しい花であっても、多種多様な最高の美の花を集めたとき、それは最低の作品になるということです。

サッカーでも同じで、タレントは、チームで1〜2人いれば十分なのだ。それ以上いれると返ってチームとしてのまとまりをなくしてしまう。だから、なんでこんないい選手を代表にいれないのか、などメディアで言われることがあるけど(例えば、前々回中村俊介が落選したように。)、それは普通のことであって、むしろ素晴らしい選手を全部代表に呼ぶような監督は、サッカーの本質が見えてないような気がする。言いたい放題ですが・・・・w


もちろんここまで話してきて、サッカーの話で終わるはずもありませんw 麻雀も同じことが言えると思う。

最近俺は、周りのいいところばっかり吸収しようとして、本来ある優美な花(個性ですね。誰もが持ってる。)の周りに、どんどんいい花を生けようとしていたのではないだろうか。

麻雀は、いいところだけを取り入れていくと、ある一定限度を超えてそれをした場合、薬の飲みすぎで下痢をしてしまうというのと同じで、あまり良くないのではないだろうか。

結局物事はすべてプラスとマイナスで成り立っているわけだから、プラスだけを集めようとしても、プラスに引っ張った分、その糸が切れたとき、マイナスに跳ね返ってしまう反動も大きい。


受けとか絞りとか、その技術自体にはけっこう自信はあるけど、だからと言ってそれをすることで、本来ある自分の持ってた花の価値を思いっきり下げてたりして。

麻雀は、100%攻撃で語れるはず。これが大本にあったよなあ。

生け花って何だろうってところから、麻雀に行きつきました。



今度華道の本でも買ってみようかな。華道を知ると麻雀が強くなりそうだ。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 04:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

牌に見放された男

完全に牌に見放されたようです。残念ながら、負けすぎて、軽く金欠になってきましたw 結果を先に。2434431331の7950円負けです。

「ストレスのたまる麻雀たい・・・・。」

今日テーマをあげるとすれば、やはり超高速ラスと食い流れ。


最初入ったときは、対面がかなりの素人おっさん。対面なら楽勝だぜ、と脇を見ると、イッシーと、まあまあ打てるこ。うし、席は悪くねえ。

最初の半荘、勢い負けの2着を取って、いけそーーーー!!!っと意気込んだ矢先・・・・・。


「ご来店、○○さん、△△さん、点5ご希望でーす。」


ん?


下家「俺もうやめっから。」

この下家、対面のおっさんが点数計算もできない、打つの遅い、マナーも悪い、等々の理由でアツクなっていたのだ。




あ・・・れ・・・・?



そういや、最近両脇に変な人いること多いよな・・・。しかも今日はフルメンバーかよ。

ま、いっか。3人まとめて相手してやるぜ。




と、あほなことを心の中で言ったほんの数秒後から、俺は切り裂かれる。

東1、上家は知ってるやつだが、下家に入った(おそらく)東北大っぽい学生は、セットあがるの匂いで、態度だけでかい20歳前くらいのやつ。

毎回牌を中にいれ、長考の繰り返し。マナーは最悪。毎局、山だしてくれ、リンシャン下して、と結局最後まで言い続けたので、20回は言っただろうか、全く直してくれなくて、軽くキレそうになりました^^;

そして牌を横にして切るくせがあるため、いつリーチをかけたかもわからず、コシ使いまくりで、点数計算もあやふや。足を前に組んで、いすを後ろに引いてひじに顎乗せて打つ格好。


あーあ、一番嫌いなタイプきたよ(この時点では見た目だけだけど、見た目でだいたいわかる感じでした。)・・・・。

と、軽くホンイツの仕掛けをして、早々にこの1シャンテン。


ドラ

と、いきなり下家からリーチが入った。切りだった。

俺「おい、3そう下ろせよ。俺が勝負するぜ。」

なんて思ってたから、上家からもリーチ!


げ・・・・・。受けはいいけど、この手、ソウズ以外とまんねーぞ。

と、そこに引いたのは絶好のだった。


受けてたつぜ、その2件リーチ!



この時点で、ゼンツを決めた。もう鳴きリーチするしかねえ。


が・・・・・。


上家が一発ツモ・・・・。



カンのリーチ一発ツモ赤の4000オール2枚。



んなあほな・・・。




まいいや。こんなことあるさ。

1本場、配牌でこの悪くない1シャンテン。


ドラ

どうやらもう俺の復活らしいぜ、とかまたまたあほなことを心の中でつぶした瞬間・・・

上家がぬるめのチー。



へ、親だからってそんなぬるいチーするなんて、やっぱりこいつはいつもおいしいぜw

きゅっ、

ほらきた! 2順目のうきうきのリーチだった。

もらった。

そして一発ツモはまたもや

2枚はいらねーな。

すぱんっ


上家「ろーーーーーーーーーん!」



     えっ?
今なんて言った?

18300の3枚!





んんんんんんん?????????





あれ・・・・? 鳴きインパチって順目だっけ・・・・。一瞬俺はよくわからなかった。



タンヤオ・・・・・ドラ6・・・・

はい・・・確かに・・・w すんませんでした・・・(泣) ぬるい(?w)リーチでした・・・。

上家は超ご機嫌に、「うわああああ、赤3枚てんぱってたああww」


こんのやろー。



3半荘目、俺の地獄街道は薄々と現実となってくる。



中盤でこの2シャンテンで、三色あるけど苦しいなあと思っていたところ、絶好の引き。

びんびんにきてるぜ。この三色、仕上がる!

と、そこで対面の切りに、上家が両面で食いつく。

相変わらず両面食い好きだねーw とまだ余裕の俺。

が、その鳴きで下家が切ったに凍りつく。



うおおおおおおおい・・・・。



数順後、上家はタンヤオの300・500をツモあがる。



ふう。気にしないことだな。



が、すぐにきた親番で、



またもや三色目もある絶好手。親では申し分ない。

3順目、下家の捨て牌に目をやると、国士かチャンタ。まあチャンタってことはないだろうから、国士一直線かな。

そしてそれと同時に、上家が両面でチー!

しじみくんばりに安くするチー多いな・・・・。



しかしこのぬる目のチーが、また俺の目を下家の捨て牌に釘づけにした。

びしっ、

くっ

びしっ、

へ・・・?


下家は切れながら、「ああああーーーーー、もう!」とか言いながら、さらに

目をつぶるしかない・・・・・。

俺の形は出来上がってたんだ。軽々6000オールはツモれたであろう。



局は進んで、南1

国士に走っていた俺は、白(どら)が4枚切れたのを見て、チートイに切り替えた。

すいません、何を重ねたか忘れました^^; ホンロウチートイの待ちでした。

上家がコールド間近だし、ここはリーチで抑え込むか。

そう思ってリーチをかけた。3人の顔が一気に曇った。


ん? 確かに捨て牌すごいけど、役満はもうないし、チートイかチャンタくらいしか。


しかしおびえる様子が尋常じゃない。


下家の打牌に上家がロンの声。もうテンパイしてたのかよ・・・・。

結局コールドだった。


そこで下家がおれに聞いてきた。

下家「国士でしょ? あぶなかったあ・・・・。」








なんでこいつ俺の国士止めたぜみたいに勝ち誇ってんだ・・・。しかも3人とも安堵の表情。



ちょっとまてい!



白が4枚切れてること(いやでも、ドラだよな・・・・)を言おうと思ったけど、面倒なので言うのをやめた。そんなレベルの話に付き合うつもりはねえ。


ちょっと脳がとけそうなので、緑茶をすすりながら、ほっと一息。



しかし回りは止まらなかった。

配牌でチートイドラドラの1シャンテンでウキウキして、2順目にリーチ♪

一発目に入り目のを打たれ(俺は待ち)

逆に俺が一発目でペンを引かされ、三色赤ドラの跳ね満を振り、

リーチが追っかけられ、一発でカンをつかみ、

下家「リーチ、一発、赤3枚!! うわーーーーw すげーーーー! 裏さーーーーーーん。うわ、これ何点?」

まさに高速のラスだった。麻雀全然打ってないぞ・・・・(泣)



どうやったら引っくり返せるかずっと考えていた。しかしわからない。

次の半荘も、なかなかあがれないままオーラスに入り。



配牌で、ドラはないものの絶好ともいえるこの手が、テンパイしないとラスになるというオーラスなのに、この形を維持したまま18順ツモ切り、ノーテンのラス。



気持ちだけは失っちゃいけないとまた緑茶をすすりながらほっと一息^^;

イッシーが気になって後ろでずっと見ているものの、次の半荘も、かっこわるいところの連続。

3局大物手をいれるものの、すべてテンパイと同時に他家があがり、ツモすら許してもらえずの3着。

終わったやつの手牌見ても・・・・




いやいやいやいやいや、まだあきらめねえ!



腹をくくった俺は最前線まで飛び出した。長かった。この1トップ。48000点にすぐさまいくも、すぐに引きづり下ろされ、また昇り、下ろされ、その連続。東1局で48000点まで行ったはずが、オーラスまでもつれこんだ。

オーラスも上家が連荘を繰り返す。途中、対面からの三面待ちインパチを見逃して、俺からの直撃を狙う。

集中力マックスの俺は、降りながらも、見逃しを警戒して、対面の切った牌にもあわせなかった。

そして下家がささってインパチ。当然、え?って声があがる。

こんのやろう・・・・。


最後はぎりぎりの暴牌で、中のみの1000点をあがってからくも逃げ切り。

こんなときのトップほどうれしいものはないw

そして最後は、俺のトップ目で、上家がなぜか飛び寸の人を飛ばして、おこぼれトップ。



すべてに見放されている気分です。先月までと特になんら変わりはない。「負けそう」とか「今日はやばい」って思ったら、ほんとにやばくなると思う。それが人間の不思議な特性で、悪いことを考えると、悪い方向に無意識に向かってしまうらしい。(心理学より。)

しかし、そんなこともない。そもそも、打ってる途中で弱音を吐くこと自体嫌いだから。苦しい、とは言っても(いつだって苦しいですからね^^; 勝ってるときでも。)、絶対に、今日は負けそう、とかやばい、って言葉は言わないし、心の中でも思わないようにしてる。

この心理学の本には、確か、学校に行きたくないこが、病気になれば、なんて思ってると、病気になりやすいことを言っていた。なんとなくわかる気もするのだ。



なんにしても、既に大負け日の連続で5万円(ついに、テンピンでの記録も含めて記録更新となりました・・・。)も負けている俺は・・・・。

もう麻雀引退しなさいって啓示でしょうか。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 12:55| 宮城 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

なかなか充実してる4月の麻雀

http://tenhou.net/0/?log=2007042023gm-0041-0000-553cd203&tw=2

http://tenhou.net/0/?log=2007042023gm-0041-0000-75224833&tw=2

たまにぶっ壊れてないか牌譜チェックしてるけど、たぶんオッケー。調子が悪いときはひどい打ち方をしている等々原因があるものなので、他人にチェックしてもらうのが一番ですよね。昨日だったかな、2半だけやったので見たい人はどうぞ。

今月ついに4万負けを超えて、大記録更新中ですがw

んー、体力不足以外に特に問題らしきものもなく、冷静にダマに対しても対処してるし、行くべきときは押して、受けるべきときは受けた。前にでちゃいけないときには、きっちり降りた。

気になったのは絞りかな。おとといも必死に絶好調の下家に対して、完全マークの絞りに入ってた(満貫級の仕掛けに対しては2フーロ目もさせず。)けど、ちょっとそれが仇にもなったかもしれないかなーって。

絞りに回ってもがつがつ入ってたんだから、もう少し無頓着に攻めても面白かったのかな。

ちなみに俺の絞り方は、絞って降りる、ということはほとんどなく、絞りながら前に出る手法を取っています。その分手が遅れるんですが^^;


納得の負けの先には、きっとまた爆発時期がくると信じようっと。そう悪い負け方してないし。




・・・・・・・・




(かなり長い話を書いたのですが、やめました。天運と地運についてです。でも、俺自身あんまりどっちも意識したことがないので、本の受け売りを書くのは嫌いなので消しました。)



明日から野暮用で東京に行ってきます。先月あたりから目の病気が悪化してて、今月ずっと眼球の周りが痛くて頭痛も激しいので。無理してコンタクトつけてたんですが、1時間くらいで限界で、結局裸眼でほとんど生活してました^^; 恥ずかしいことに、裸眼の状態だと小銭も見えないので、買い物時はお札オンリーw

東京のほうで、俺の病気についての名医がいるとの話を聞いたので、ちょっと行ってきます。なんか治療法を知ってるとか。(ほんとかよ!w)

ちょっと光が射してきました^^ もうずっと麻雀牌とかほとんど見えずに打つのかなーなんて思ってました。


いい診察結果が出るといいな〜。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 20:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

どうしちまったんだ・・・俺・・・・。

イケメンメンバーが暗黒時代に突入してるらしい中、俺もついに4日連続の負けを記録。4日連続のマイナスは、記録更新です(泣)

はじめ1半荘は、メン3だった。


ドラ

東ラスに入った突然のチャンス手。だけどまいったね・・・・。234に行きたいところだけど。



まあ、今日は影村さんも来るし、長丁場。あわてるこたあないな。



おういえー!





きたきたー!!





よーっしゃ、リーチだぜー。

脇が降りて、と切り、もう場は完全にマンズがノーマークになった。

このツモ倍、いける。


そう思っていた矢先、上家からリーチ。

ツモ。

リーチ、ツモ、東。

のバッタをあっさり引かれ、

俺「あれ?・・・。おれの待ちどこだよ。」

シナリオ通りの、7枚枯れ。



思わず、このマンズ激安の中待ちがねーんだ、と漏らしそうに。

しかし次局、またまた手が入る。




教科書通りの三色と一通の両天秤。ドラ

対面のイケメンのチーで、タンヤオと三色が確定するを引き、即リーをかける。



が・・・・・・




一発ツモ

2発ツモ


当然こんなんで、12順空振り、流局。


自分がなさけなくなってくる^^;


一人テンパイで向かえた南場の親番、好配牌をもらう。



これやだもう。

と落して以降、ハイテイ間際までツモ切りを繰り返したところで、下家に赤3枚を引かれてジエンド。


そしてこのなんとも言えなく虚しい半荘を過ごしたところで影村さん到着。

序盤は影村さんを止められそうにもなかった。ガンガンあがって、楽勝のトップ。影村さんが走っちまうのか、と思っていたが・・・・。

ぐだぐだの俺よりさらに下まで突き落したのは、しじみくんだった。

影村さんが代走を頼み、わずか5順だった。ものの1分もしないくらいの。

第一打からど真ん中を切りだし、それはまるで国士捨て牌。

なんだあれ、と首をかしげていると、5順目、影村さんが帰ってくると同時にツモ。



700オール!



ん?



はっきりいって700オールの捨て牌ではない。尋常な捨て牌じゃないのだ。むしろ俺は、純チャンのペンチャンツモったのかと思った。



が・・・・・。得意げなしじみくんの顔と、手牌が一致しない。






んーーーーー???


捨て牌のが光ってる。


ポリポリ・・・。


その捨て牌を見て、影村さんが氷付けになっていた。



ご愁傷様です・・・・。



これがきっかけになったかは定かではないけど、このあたりから影村さんの流れはぴたりと止まり、俺が3着、影村さん4着の構図ができあがる。

大勢で言えば、意識は全くしていないのに、俺と影村さんで振りあう。そして脇の2人は、ツモあがる。そんな感じだった。

一言で言うと、「かみあってねええええええwwww」


いくつかパターンだった。

俺と影村さんのリーチ等に、脇はゼンツしてくる。しかしささらない。が、俺と影村さんは、互いに当たり牌が浮く状態。もしくは・・・・。一見いい待ちなのに、なぜかいない・・・。

例えば、をカンして、待ちの、7枚生きリーチを打っても、下家の親がゼンツしてきて、1枚もつかまず、タンヤオドラ5のインパチを振ったり。聞く話によれば、影村さんも持ってないと。けっこう長引いたのに、7枚はどこだ・・・・と・・・・。

時には、影村さんが、早々にでリーチ、それに俺は待ちの鳴き仕掛けでゼンツ。

上下もゼンツしてきて、ピンズは激安だった。2人とも俺の待ちを影村さんのリーチ前に切っているため、持ってきたら出るはず。

しかし・・・・・。

だけでない・・・・w ほんとにここだけのピンズが・・・。

そして影村さんの待ちも俺は持っていなかった。8枚生き。


終盤まで互いにツモ切りが続き、結果は。


影村さんがラス牌のに刺さってしまった。しかし、その人の手牌にもうちらの待ちは1枚ずつしかなかったのだ・・・・。

ん?


2人の待ちが王牌にいっぱいいるなんてありえるのか・・・・。


しかし事件は多かった・・・・。


一見絶好に見える影村さんのリーチも、俺が暗刻。

そして親の仕掛けに、の形でささり、12000

すごいとしか言いようのない展開が続く。

俺は俺で、リーチに追っかけられたりして、上家に3連続でつかみ、3回とも裏2〜4が乗り死亡。

ドラドラチートイでリーチをかければ追っかけられ、ドラを暗刻にしてカンチャンに放銃。当然の裏2・・・。



途中から脳が解けそうになり。



影村さんの声が高なり、ポンポンポン!!!



3フーロ目で、伝説の清老頭テンパイ。

が、そのテンパイの鳴き打牌でロンの声が・・・・・。

ペンにささり2600・・・・

手牌を倒しながらうなだれる影村さん・・・・・。


下家ゴジラさんはエンジン全開で、一発ツモ、一発ツモ、ダマっぱね、鳴きっぱね!! やり放題w

どれだけすごいかというと・・・・・。

東2局で倍満をツモった俺が一度も放銃しないで、南1局には影村さん4000点、俺24000点ほどの3着4着になってるくらいの上下(泣) 要するに東3、東4だけで17000点ツモられてると・・。


んー・・・・、なんだろ。やっぱりさみしかったのは

親が字パイをバラ切って、6順目にを切ってリーチしてきたとき。ドラは、現物は宣言牌と

上家がおろしたに食いつく。



うがあああ!! 

片あがりの1000点。親リー? しらねーよ。

誰か現物さしこんでくれえええええええ。



あんまり長引くと〜



俺は〜、マジで〜



振っちゃいますよ〜w



そろそろ〜



限界よ!!!!!!


ってかでねえ><


そうこうしてるうちに、親がツモあがる。


が・・・・・、その形を見て息をのんだ。




どぅーーーーーん


あれ・・・・・。宣言牌は・・・・・ごほごほ。


ピンチの連続はあるものの、なんとか危機は脱していました。

またまた親リーに対して2フーロし、

宣言牌が

見え見えの引っかけリーチ。歯をくいしばりながらを切ったり。

あるときは、誰からも仕掛けがない中、唯一仕掛けてる俺は



の形でテンパイをいれ、も押して臨戦態勢。

と、そこにを引いてダマテン察知。

危険を承知で頭を落としてテンパイをくずし、ののべたんではり返す。

はあ・・はあ・・・・・。

息苦しい中流局して唖然・・・・。

親の影村さんがのダマだけでなく、下家はツモスーの同テン・・・・。

切ったらぶっとんでんじゃねえかあああああ><

なんだこれ、苦しいぞ・・・・。

そして何より苦しかったのが、不思議なくらい俺と影村さんには裏ドラが乗らなかったこと。

1枚乗れば順位が入れ替わる、というときは特に、ことごとく乗らず、本場を積んでオーラス続行して転落・・・・。

そういや、ツモり三暗刻のリーチでツモればトップってとき、下家が俺から大ミンカンして、食い取って出たとき、泣きそうでした・・・・。

声がひきつりました。



ろ・・・・あ・・・あああー・・・・、ロン・・・・・。



えーっと、見せ場ですか?

1つだけかな。

南ドラ1の軽いテンパイを早々に入れたんだけど、出ないツモれない。そうこうしてるうちに周りにどんどん押されて俺のテンパイ形は変化していき、



最低の形に・・・・・

ちなみにドラ

どうも下家はで待っていたようです。

この押しに押された劣勢を跳ね返すべく?

影村さんが切ったにぴくん。

俺「カ・・・・カン!!」

へっ?

場全体に「?」が飛ぶ。



うおおおおおおおおおおおおおおおおおお



いったあああああああああああああああああ!!!!!!!









俺「満貫!!!」




一瞬の輝きでした。





でもやっぱり、俺と影村さんで振りあうんですよね・・・w



おっと、結果ですね。31222333113433でジャスト5000円負けでした。影村さんが、ちょうどこの順位の3を4に変えたような感じだと思います・・・。お互い指定席みたいになってましたね・・・・・。影村さんは相当きつそうでした。

というか・・・・

上家も1万くらい使ったみたいで、下家は・・・・・・3万くらい浮いてる計算でしょうか・・・w ううう。



最後に・・・・・今日一番つらかった手牌を。



親リーを含む上下から2件リーチ、影村さんも字パイ使いの仕掛け。ドラ



字パイはほぼ確実に影村さんに当たる上に、リーチにも通ってません。残り12枚は、12枚すべてが本線で、さらにダブロン候補という手牌。



そして一言・・・・・・。



俺「・・・・・・吐きそう・・・・・。」

posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 07:01| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

再起を賭けて。

ボロボロに負けてからの復活戦、相手は茶柱さん。相手に不足はねえええ!

今日の朝、家を出るとき目標を立てていた。

まず1トップをとること。そして、自分の麻雀をちゃんと表現すること。結果よりも内容だ。

風向きは変わりつつあった。

序盤は流れの取り合いだった。上家がゼンツでささりまくる中、誰が流れをつかむかという試合。

茶柱さんに走られるも、なんとかくっついていく展開で、明らかにこの前とは違った。

とにかく我慢した。

安手をあがりながら受けに回った。リーチに対しては、無筋を切りながらも受け切る。

そして3半荘目、ついに23半荘ぶりのトップをとった^^v



今日はバランス重視に切り替えて、強引な攻めはせず、とにかく受けとフットワーク。

影村さんが後ろで見た中では、678の三色と789の三色の天秤でしたっけ。


ドラ

バリエーションの多さなら自信がある。

三色がくずれた以上、打が手筋。

が、あえてここは打





昔やったことがあるこの技。



これこそ食いかえの醍醐味w



即出の満貫。

とにかく鳴きで自分を表現する。それこそ俺の生きる道だ!



ポンから入り



ダブ南をツモれば跳ね満の手に仕上げ、


ドラ

タンヤオにいくとドラが出るため、けん制も含めてから食いついて、



鳴きは見えないところを追うと、どうにでも変化する生き物。

その後もタンヤオと字牌のダブルバック、色染めと字牌のダブルバック、三色と役牌のダブルバック、トイトイと字牌のダブルバック、いろいろなバリエーションで鳴いた。

あれ・・・・牌姿が・・・・。あ、そうだそうだ。

こんなのも。



東場のラス親での仕掛け。高めツモで8000オールの手。

そういやこれ、あがれなかったな。字牌が出切って、相当安そうに見えたと思うんだけどw


あとは見せ場といえば、得意の染め手。


ドラ

10順目をツモって、場を見渡す。これだけ俺がピンズを固めているのに、ピンズが出てない。

山にいる!!!!!!!

うおおおおおおおおお





2順でメンチンに切り替わり、流局間際に倍満をツモあがる。


まあいろいろありました。

打撃、受け、絞り、どれも持てる物を表現できたと思います。

ちなみに絞りですが、影でかなりの絞りを見せていました。

一番いい(ひどい?w)例をあげると、タンヤオ三色赤のカン待ちでテンパイをしても、待ちが2枚きれであるのを見て、ドラのを切らずに抑え、テンパイをはずしたり。

上家がでダマの親満にささったのを見て、ひやひやしましたw



で、今日の結果は、231321413212443で、4250円負けです。

結果にはもちろん満足いってないですが、今日のような麻雀が打てれば、今の悪い風が過ぎ去ったとき、またいい結果が出せると思います。


今日の敗因はといえば、好調の茶柱さんに対して、上家が真っ向勝負をしてしまったこと。中盤で、完全に茶柱さんのリーチをかわしにかかっていた俺だったけど、俺のかわしよりさらに前線に飛び出してしまったこと。

別に上家のせいってわけじゃなくて、俺がもっとかわしにいってることをアピールするとか、そうでなければ逆に、茶柱さんのリーチ仕掛けにあえて俺が飛び込んで、上家を降ろして1対1の状況を作れればよかった。

当然1対1、リーチ対かわし、となれば、圧倒的に俺の方が有利になる。


そして最大の敗因・・・・・は・・・・。

あのインパチだな・・・・。体力不足が否めません・・。

ずっと椅子に座ってて、左足がしびれたので、さすりながら打っていたら、とある1局で、完全に場が見えていなかった。

上家の仕掛けに対してが切れずに、単騎で押していた。

しかしこのとき、俺の視界から茶柱さんの存在を完全に消してしまった。

仕掛けに対してピンズを勝負した瞬間、茶柱さんから「ロン」の声。

メンホンのインパチだった。

このインパチ後、2000円ちょい浮いてたところから、ラスラス3着で一気にマイナスに転落しました。



集中力、麻雀体力が、だいたい俺はいつも8〜10半荘。これを過ぎると極端に集中が切れる傾向がある。

治さないとね。




と・・・・。特に今日の敗因には関係してないのですが、俺自身の麻雀の弱点がちょこちょこ見えたときがありました。

基本的に「渡り」の麻雀を打つ俺は、渡るときに1〜2順テンパイをはずす隙がある。

上のメンチンがいい例だけど、渡る瞬間に1順テンパイしてない順目がある。

当たり前といえば当たり前なんだけど、トイトイ・色染め・チャンタ、いろんな渡り打ちを基礎にする打ち方の自分の麻雀は、どうしても一度テンパイをくずす順目が存在します。

その隙をうまく抜けられると、手が打てなくなりそうですね。

まあどんな打ち方・スタイルを採るにしても、弱点は絶対あるんですけど・・・・。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:27| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

続・麻雀のスパン

あれ・・・・、よく覚えてないけど、麻雀のスパンについて書いたのはこのブログでしたっけ・・・。はこぱらで書いたような気もするけど。

まあざっと言ってしまえば、麻雀のスパンの捉え方なんですが。フリーでは「半荘」から「一日」単位のスパンで麻雀を考えることが大切なのに、「局」から「半荘」の短いスパンでしか考えていない人が多いな〜って話なんですが。

理由は、局や半荘で勝ったとしても、一日で勝てなかったら、それはフリーでは負けになるから。

当たり前じゃんと言うかもしれないけど、意識してる人少ない気がします。

野球で言えば、9回に出てくる抑えのピッチャーでもない限り、普通先発は1日での勝ちを目指す。

つまり、「一日」というスパンで考えなければならない。


昨日、松坂がイチローと対戦した。マスコミが大いに騒ぎたてたことが松坂の気持ちを少なからず助長し、目をイチロー1人に向けさせたことは否定できない。

俺は野球について詳しくないけど、あの日の松坂のピッチングは、先発である以上本来「一日」というスパンで考えなければいけないのに、イチローに勝つというわずか1打者に力を入れすぎて、つまり「1回」というスパンよりさらに短い、「打者」というスパンでピッチングをしてしまったことは俺でもわかった。

マスコミが言う「イチローに力を入れすぎて、次の打者から気が抜けた」ということじゃなくて、松坂自身イチロー以外のバッターに力を抜いた気なんてなかったはず。

じゃなくて、スパンを短くとらえすぎてしまった。言葉を換えれば、「イチローと対戦する試合」になってしまったのだ。1試合を投げる中で、イチローという打者がいる、というスパンでとらえられなかった。


まあ、本人もコメントしたように、「悪い癖」「自分らしい」なのでしょうねw

で、まあその試合を例にとりたいんですが。

松坂対イチローという因縁のなんたらかんたらという歴史や男同士の勝負といった概念は置いといて、試合に勝つということを考えてみてください。


俺が言いたいのは、いくらヒットを打たれようが、ホームベースさえ踏ませなければ勝てる、ということ。もっと長いスパンで言えば、ホームランを2〜3本打たれようが、残りの回を抑えきれば勝ちきれるということ。

麻雀で言えば、半荘の中でいくら振り込みがあろうが、南4局にトップにいれば勝てる。もっと長いスパンで言えば、どでかい振り込みが2〜3回あろうが、残りの半荘をきっちり制すれば勝ちきれるということ。


たとえば1回から3回まで完璧に抑えきり、かなりの絶好調気味。そんなときに4回に2アウト1・2塁でイチローがきた。2番バッターは最近不調。

どうするか。「1回」という短いスパンで考えれば、敬遠する方法もある。イチローにタイムリーを打たれるのが怖いからだ。

そこで敬遠をする。その1回を次のバッターで打ちとり、その回を抑えきった。

一見妥当な方法(うまい方法)を採ったかもしれない。

しかし・・・・・

「一日」「1試合」というスパンで考えたとき、絶好調で3回を投げ切ったピッチャーが、突然イチローを怖がって敬遠をした、とも捉えられる。

そのイチローを怖がってしまった結果、5回以降相手がつけいる隙ありと見てガンガン攻めてきて、打たれ放題になってしまうことにもつながる。

あれだけ調子良かったのに、5回以降ボロボロだった・・・と・・・。その結果試合に負けてしまった・・・・。



では麻雀に話を戻すと、3半荘まで3連勝で絶好調。そんなとき4半荘目オーラスに、誰もが認める強者からの親リーが入った。

「半荘」というスパンで考えれば、降りるのが妥当かもしれない。

ここで降りを選択してべた降り。次局1本場にその強者に手は入らず、逃げ切りのトップになった。

一見妥当な方法を採ったのかもしれない。

しかし・・・・

「一日」というスパンで考えたとき、絶好調で3連勝をしている人が、突然強者の高いか安いかもわからないリーチに怖がってべた降りした、とも捉えられる。

これは流れ論という話ではない。5半荘目以降、絶好調の相手なのに、つけいる隙が大いにあるということだ。

その後その強者だけでなく3人でバンバン攻めた。その人は4半荘まで4連勝だったのに、3人に、「絶好調なのに俺らにびびってる」という印象を与えた結果攻められ、終わってみれば「一日」単位では負けてしまった・・・・という結果にもつながる。


前半好調だった人が崩れるパターンの1つだ。もっと長いスパンで、「一日」の勝ちを目指すのであれば、4回の2アウトでイチローと勝負をする選択もあるし、もしくはただ敬遠するのではなく、変化球をうまく使いヒットを打たせないようにして、四球にして歩かせてもいい。

麻雀なら、4半荘目のオーラスに、強者の親リーにまっすぐつっぱり返す選択もあるし、もしくはただべた降りするのではなく、自分にだけ見えている壁や読みをうまく使い無筋も切りながら、放銃しないようにして、流局にもちこんでもいい。

残りの5回を戦う相手の心がどれだけ違うかが想像できると思う。

麻雀では、ピッチャーの心境が見えないのと同様、手牌が見えないのだ。四球ねらいの変化球だろうが、流局ねらいの無筋切りだろうが、周りにはわからない。


まあ・・・・絶好調だからと言って、全球ストレート勝負をするのも、見た目はかっこいいかもしれないけど、打たれた時のダメージは大きすぎ、それもその後崩れるパターンに陥ると思うけどw



スポーツを見ていて、前半好調だったのに崩れて負ける試合などを見ていると、大抵この「恐怖心」を見せてしまうことか、好調だからと攻めすぎてしまうことの2パターンが多い。

いつもながら、スポーツ観点から麻雀を見てみました。

桜井章一氏が言う、スポーツのできない子は麻雀で伸び悩む、という言葉はこういう意味合いもあるのかな〜なんて思っています。

けっこうスポーツ好きの茶柱さんなど見ていると、こういう観点も持っていそう。同卓してると一日通して安定してるし、4回のオーラスにストレートや変化球投げてるの見るしな〜。勝負所ではけっこう勝負してると分析してます。


実際どーだか知らないですけどね(笑)

俺自身は一日単位での浮き日がけっこう多い方なんで、こういうスポーツ観点、「一日」スパンの観点も、そう間違ってもいなそうです^^



しかし・・・・・



今の俺、説得力ねーーーーーwwww 2日で32000円、2日で20点も打たれちゃった、みたいなピッチャーでしょうか(笑)

うおおおおおお、麻雀が、、、、、打ちてえええええ!!!!



●さらに暇な人だけどーぞ・・・・●


このスポーツ観点から2日間を振りかえってみた。

ひどいな・・・・。

いくら点数を取られても、表情変えずに淡々と投げるピッチャー、に過ぎなかった・・・・。

いろいろあったな。

あの場面、敬遠って方法もあったな。盗塁狙いの打者を差すこともできたな。

悪循環でもあった。手が入るから前に出て、そのままストレートを投げる。おれがストレートを投げるから、周りも前に出てきてそれを打ちにくる。球は走っていたかもしれない。150キロくらいの速球だったかもしれない。しかしワンパターンになればそれも打たれるのは当たり前。

手が入りながらも、自分が一歩引く方法もあった。引くのも勇気。

そうか・・・・・




俺に足りないのは、「降りる勇気がないこと」だ。


あー自分で書いててそれはあるかもって思ってきた。

降りるの怖いもんなー・・・・。


どうしようもないとき、打者と勝負するだけの麻雀を目指すだけじゃなくて、ときには打者を歩かせることも・・・・必要だなあ・・・。

それと、「ダマにする勇気」も必要だろうな〜。

ダマで構えるの怖いもんなー・・・・。



それだあああああああ!!!



は〜や〜く〜、麻雀し〜たいな〜♪
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:14| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

メンバー代走

代走は非常に難しい。かなりの技術が必要になる。

常連の人の中には、俺なら出来る、と考えている人もいるかもしれないけど、そう簡単でもない。

特に理由がない限り、代走に要求されるのは

1.スピード

2.振り込まないこと

3.高打点をあがらないこと

4.息をひそめること

5.時間を予想すること

1についてだが、本来代走にはスピードが要求される。あくまでも主役は客3人なのだ。よっぽどのことがない限り止まることは良くない。

2の振り込まないこと。これが最重要課題。いかなる理由があっても、振り込みだけは回避しなければならない。「ダマ満貫をはっていたから」「順目が早かったから」そんなのは言い訳に過ぎない。客が帰ってきて点数が減っていたら、そんな事情は全く客からは見えないからだ。

何がなんでも振ってはいけない。例えばリーチが入ったときに、既に満貫をテンパイしていたとして、一発目に無筋を引いてきたとする。こんなときは、何も言わずにテンパイをくずして降りることだ。「すいません」とか言いながら時間を稼ぐのは愚行。1のスピードとの関係でも、ノータイムで捌かないといけない。

降りてる時に客が帰ってきて、「なんで降りたの?」と言われれば、「代走ですから。」の一言で済む。

これがどんな理由であれ、振っていたらどうだろうか。「なんで降ってんの?」 「満貫をテンパイしていたので押しました。」

納得いくだろうか。

そしてもう1つ、振る形で止まっていて、客が帰ってきてその牌で振るのも良くない。振る形で残してはいけない。

無筋を1枚抱えたテンパイ状態で渡すくらいなら、ある程度降りた状態で渡したほうが全然いい。



次に3の高打点をあがらないこと。もう手なりでどうしようもないときは仕方ない。しかし、そうでないのならば、手作りは決してしないこと。手なりで安全牌を残しつつ、常に防御に専念する。手作りなどしてうまくいって、客が帰ってくる前にたとえば跳ね満をあがってしまうことが良くない。

「え?」って思う人もいるかもしれないけど、跳ね満をあがっておいて喜ぶのは、代走を頼んだ本人だけなのだ。残りの3人には不愉快としかいえない。

代走は常に、本人の利益のみでなく、卓全員の気分を害さないことも重視しなければならない。

例えば配牌で10種あるとしよう。急いで切りだすことだ。これに尽きる。変な話、客が帰ってくる前に、配牌が国士であったことを悟られないように崩すのだ。

これには他にも理由があって、国士やチャンタにならなかったときが一番困るのだ。国士やチャンタ配牌だからと言って、真中がCピンだけだったとしてそれを切りだして、2順目に赤Dを引いてきたらどうにもならない。当然赤を切るわけにもいかなく、端牌を切ることになり、帰ってきた客は、「何してんの?」ってことになる。



とは言え、もちろん崩すだけではいけない。理想は、安全牌を2枚抱えた2シャンテン、もしくは安全牌を1枚抱えた1シャンテンで渡すことだ。客が帰ってきて、端に残っている牌をすっと切って当たられる心配もなく、テンパイへの楽しさも残っている。


4の息をひそめるというのは、いろいろな意味がある。客の代走のときは、世間話等をひかえること。自分の金で打つわけじゃないから、絶対に集中しなければならない。ただただタンタンと打てばいい。あがらず、振らず、淡々と。


5にはホール技術が必要になる。誰の代走はどのくらいの時間で帰ってくるか、というのを記憶しておくのだ。電話をしにいったのか、トイレにいったのか、それによって打ち方ががらっと変わる。というか変えないといけない。

少なくとも電話であれば1局は戻らないのが普通。つまり、かなり守備的に打つほかない。どんなひどい手牌になろうが、降りに従事する。そのひどい手牌を見せないためにも、時間を測っておくことが必要だ。

逆にトイレだけで、この人はいつも早く戻ってくる、という人の場合は、普段通り打てばいい。帰ってくるまで普段の自分の打ち方と同様に、手を作りながらでもなんでも、好きに打てばいい。ある程度きっちり打った状態で渡せば、客も満足する。

とにかく重要なのは、どの客は、だいたいどのくらいで戻ってくるのかを頭にいれておくことだ。



もちろんこれだけじゃない。当り前のことだけど、赤やドラといったものを切ってはいけないし、鳴き等も指示がない限りしない。(まあこのへんは店によって違うと思うけど。)

鳴きについてだけど、これはかなり技術が必要だけど、鳴ける状態にはならなかったよ、って手牌で返すこともある。

例えば中がトイツのとき、2枚目を切られた、そんなときは、すぐに1枚切っておくこと。2枚持っておくのは良くない。なぜなら帰ってきてどういう心境になるかといえば、「代走頼まなければ鳴いてたな・・・・」と。

だから、わからないように1枚だけ切りだしておくのだ。そうすれば帰ってきても、気づく人などいない。



代走技術の高さは、客に「代走頼まなければ良かった」と思わせないことだ。そのためには、言い方は悪いけど、手をバレないように崩す技術も必要だ。



長々代走について書いてきたけど、代走はほんとに難しい。代走を頼んで失敗した(たとえば振り込んだり)としても、それはメンバーの責任じゃなくて、代走を頼んだ客に責任があります。

以前店側にいたこともあって、俺はできる限り信頼して代走を渡すことにしている。難しいことを知っているから。




と、まあここまでがピンチ代走についてなんですが。

代走関連で、食事代走というものがある店もあると思う。本当の意味での代走だ。

どういうものかというと、客は食事をしながら自分の代走をするメンバーの横で見るというものだ。サイドテーブルで見るため、横の人の手牌も見えるので、口出しはもちろんダメ。

これがまた難しいけど、俺はめちゃくちゃ楽しかったw 上に書いたピンチ代走とは全く違う。客は横でずっと見ているから。

やってみればわかると思うけど、これが癖になるww お客のお金で打つからだ。しかも監視付きww


店長は俺に一任してくれていたので、いつも食事代走は俺が行っていた。腕をブンブン回しながらw 昼飯、夕飯時なんて誰か頼まないか待ってました。


ちなみにこの、他人の金で、他人の監視付きで打つことは、非常に雀力があがります。他人のお金である以上、下手は打てないし、1順目から手順を見られているため、恥ずかしい手順なんかはもちろん、細かいミスまですべて見られるからだ。

リーチに対してべた降りなんてして上がりを逃せば、すべて見られている。かと言って無筋を切って振れば、それも見られている。もーーーーこの緊張感大好きでしたねw

この時期から見られるのが大好きでした。なんせ、自分の攻撃麻雀を、まじまじと見てもらえるんだもん。

もちろん、いつもどおりズバズバ切ってましたけどw

自分のお金だと打てる無筋が、他人のお金になったときのあの重圧感、たまんない。


メンバー業をやりたいという人は、食事代走等、ロング代走の多い雀荘で働くと、雀力は確実にあがると思います。ついでに心臓もw



ちなみに・・・・・



食事代走にはめっぽう強かったです。あの緊張感の成せる技、でしょうね(笑)


あーそうだ。ピンチ代走については、店によってもルールがあるかもしれないので絶対ではないです。おれなりの見解です。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 16:51| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の弱さ。

きっかけはまず1トップ取ることだと思う。どうあがいてもトップが取れなかった。それどころか4万点すら超えず、あがりすらない状態。

この2日間の順位並びを見ると、後半にのびた。

前半良ければそのままつっぱしり、前半悪ければ右上がりの結果になる。

そのラインに乗っているのは、いつもの俺の結果に準じてるってことだから、特に悪くない。

きっちり地運を育てたって言えるのかな。(雀鬼流?w)


だから、右上がりになった結果のラインにもっと角度をつけるだけでいい。

なーーーーんだ、簡単じゃん!w


単純に努力、勝ちへの執着が足りなかったのかな・・・。







・・・・・・・






そう簡単じゃなかったな・・・。すいません、正直まだ、何が悪かったのか自分でわかっていません。

必ずどこかに俺の麻雀の悪さがあったはず。



ほんとはもっと書こうと思ったんですが、2日間の麻雀をいくら振り返っても、まだ原因らしきものが見えません。

結果は右上がりだった。

集中はかなりしていた。

手順も冴えていたことを実感していた。

場もよく見えていた。


ふーむ・・・・。単純に俺の麻雀力不足だったのかな・・・・。

だとすれば、底上げが必要だなあ。



んー・・・、あるとすれば、モチベーションの低さ・・・・かなあ。

空虚感っていうか。

悪い癖ですね。








よーっしゃ! とりあえずせっかく2日間負けたんだ。この逆風楽しむしかねえか♪

32000円なんて、ハンデハンデ。

負けの大記録として、記憶にとめておいてください^^v



しかし、2日間負けただけで落ち込むなんてねー。

やっぱり麻雀って、負けるから楽しいんだな〜。


さーて勉強勉強。明日は、ちょっと息抜きに、「メンバー代走」についてブログ書きます。興味がある人は覗いてください^^
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 00:08| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

試練?・・・それとも・・・・

影村さんとしばらく打てなくなるとのことで、先日のリベンジに。

卓について打ってると、調子いい・・・・。場が見える見える。

東1局からトイツ手を仕上げ、さっそくのチートイドラ3

上がれなかったけど、手ごたえ十分。

2局目。親でまたまたトイツ手・・・・・。ずいぶんトイツ場だなあと思いながらも、またチートイツになっちゃった。

また空振り。

そう・・・・わずか2局で変な雰囲気になってきた^^; あがれなかったとかじゃなくて、ほかの人は平和手等を軽々あがるのに、俺だけがトイツ+チャンタのオンパレード。



こんな感じのリーチだったかな・・・・。目立ちすぎだって・・・・。ツモっぱねのペン

まあ、国士を匂わせて全員おろせればいいか。


・・・・・


親「リーチ!!!」



おーーーーい!!!



流局。


ここから地獄が始まる。冴えてる。脳は冴えてる。手つきも冴えてる。配牌は冴えてないけど、ツモが冴えてる。

なのに・・・・・


勝てない・・・・・


影村さんを含む好調者3人を相手に、サンドバック状態の俺。

3000・6000! 6000オール! 4000オール!


俺はといえば、

という焦った仕掛けを上家がし、手だしでと出てきて、俺はをツモ切り、ロン・・・・。

俺「え??」

思わず声をあげる。

単騎待ちで、ドラ隠れ暗刻の満貫。

あれ・・・・・(泣) どっから仕掛けた・・・。

そこから上家は、手なりでドラ隠れ暗刻をツモるツモる。下家もツモるツモる。

オーラストップ目、2順目チー、3順目、ツモ、2000・4000・・・・

あふんw

何も・・・・できないの?・・・・・


軽いテンパイを連続でいれていくも、全くもってあがれず・・・。

わずか3順目でメンホン白三暗刻のテンパイをいれ、ドラ

これがきっかけになるかもしれない!! 4枚ブロックのこの待ち、完璧だぜ!!

リーチ!!!!

下家の取締役さんから追っかけリーチ。

俺の一発ツモは・・・・・・

ずばっ

取締役さん「ろーーーーーん、満貫。」



うっく・・・・。



ぼくちゃん負けないもん!!



ドラ

むがあああああ!!!! これでどおおだああああ!!!!

テンパイの1順前にど高めを処理されたのもあり、ダマにかまえる。

が・・・・・

上家ツモ。

くう・・・。2枚切れのラス牌軽々ツモりやがった・・・・。

ふう。。。。

まいったね・・・・・。


と思ったら今度親で手が入る。




これまた3順でのテンパイ!

が・・・しかし・・・・・


とんでもないタイミングで、上家と下家が俺のダブ東を切り飛ばしていて(泣)

ううう




しゃあねえ・・・・、メンチンにするかと。

4順目。





と同時に影村さん、打

んーー・・・・・

そして次順影村さん切りリーチ!!

そのリーチ、地獄行きだぜええええええええええ





7順目ふぃいいいいいいばああああありーーーーーーーーーち!!!!!

いやあ、メンチン簡単だな〜。


とかあほなこと心の中で吹いてたら、影村さん、俺に一回もツモらせずツモ。裏3の跳ね満。

後ろで赤い彗星くんが「おーっほっほっほww」



ぐすっ


その後も手は入るも、俺「リー・・・」 「ロン!」 俺「リー・・・・」 「ロン!」

それは吸い込まれるようだった。ドラそばカンチャンとか関係ない。出る形になって満貫、跳ね満リーチになるのだ・・・。しかもわざわざ薄いほうが入って。



そして、うっ、となってると、わずか数順で、「チー、ツモ、4000オール」

ホンイツトイトイ仕掛けなどをしても、字牌バッタが3枚王牌。

7枚生き、3枚ブロックのなども、周りで見てたメンバーの話だと、山にいっぱいいたと・・。

でもうまい具合に、俺にだけこなかった、だそうで・・・・。

はあ・・はあ・・・





1月のようにメンタル壊れ気味で手順ミスしてるとかないんだけどなあ・・・・。



そこで俺は思考を変えてみた。

そういや、雀鬼流の本で、どうしてもひどいときは、「破壊」をしなさいって書いてあったな。あんまりそーいうのするの好きじゃないけど、ここは素直に受け入れてみるしかねえか・・・。




ドラ親番。

ここにを引いて、ノータイムでツモ切ろうとした俺の手が止まる。



ふう・・・・。


大きく息を吸って、一番普段やりそうにない牌に手をかけた。わらにもすがる思いで。





頼む・・・・・




このテンパイでリーチしてもあがれないから苦しんでるんだ。後ろを振り返るなあああああああ





ポン!!




はあ・・・はあ・・・・。1局だ、この1局以外は捨てられないぞ。

周りは6,7,8順目のこの赤入りのドラ面子落としで、「あーん?」って感じ。

そしてこの鳴きで、と食い取って6000オール。



この1局で、一気に牌勢があがり、これ以降、流出の止まらなかった負け額がストップする。

まあそれでもラスが減ったというだけの話だけど・・・w

3人とも勢いが落ちない^^;


5順目のリーチ、切りリーチででロン、16000(2本あまりの・・・・)とか・・・。

鬼だ><

しめくくりは、4000オールでトップの影村さんが、高めをツモって裏3の8000オールでラス・・。

しかしまいった・・・・・。(携帯に記録をつけてたんですが、ポケットにいれたときに消えました・・・)2着4回、3着4回、ラス3回。の14200円負け。

先日と加えて約32000円の負け。それも22半荘で。たった1トップ。

こんなんでいいのか・・・・。

って言ってもここまでひどかったことないからわかんねえーw



今まで何度も、不調を楽しみながら、1万円負けてもそこから復帰したりしてたけど。

俺の力じゃ、先日と今日の2日間ひっくり返せませんでした。

先日はともかく、今日はほんと手順、場況読み、その他もろもろ、絶好に冴えていました・・・。それだけにトップを1回も取れなかったのが悔しいし・・・。




ただ・・・・



1局捨ててした雀鬼流の言う「破壊」に助けられたのは事実です。もう2度とあの手でに手をかけることはないんだろうな〜と思いながらも、麻雀って千変万化、百花繚乱なんだなーって実感。



今まで頑なに打ち方はシステム化したほうが言ってきました。おれの麻雀はとにかくシンプルにシンプルに。それは単に手なりという意味でのシンプルってことじゃなくて、あらゆる手牌において優先打牌を決めて、それに準じて打つということ。

だから、システムに入っていない、つまり全く持って逆の打ち方をすることを否定し続けてきました。



逆を打つことは、圧倒的に不利であることは間違いない。でも今日のようなこともあるだろうから、今後やるかやらないかは別として、引き出しの奥の方にでもしまっておこうかなって思います。

今日のところは、あの手をホンイツトイトイにしようと思った瞬時の発想に評価は加えて、あとはただのヘボだったと。


弱いなー・・・・俺って。



自分の麻雀の才能の無さにあきれる2日間でした。

素直に受け入れよう。現時点での実力レベルはこんなもんだと。負けた時がその人の本当の実力、だもんね。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 21:22| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

やることいっぱいだ

いつぶりかの1万円超えの負けをして、良かった点と悪かった点が浮き彫りになりました。

良かった点は、間違いなくメンタルです。うーん、最後の最後まで体温さえあがりませんでした。

精神面もかなり成長してるんだなーって実感。点5で10半荘で6ラス、あがることすらままならず、1牌テンパイ時に押せばささる、そんな展開で2万円近く負けたのに。

めっちゃ冷静でした。



まあ、麻雀は運じゃないから。あんだけ負けたのも、全部おれの実力だし。

昨日打ってる最中、「下手なりに頑張るか」、としか考えてませんでした。



悪かった点は、攻撃的でなかったこと。常に遅れを取って、たとえ先手を取っても負ける展開だったので、少し引いて打ってました。どんな展開であれ、前に出るスタイルを心がけていたはずが・・・。

普段なら3シャンテンののみ手だろうが、飄々とリーチに無筋切ってるのに、昨日は1シャンテンでさえ前に出れず、その場しのぎの回し打ちをしていました。

どうせ負けるなら、しっかり当たって砕けて、もっと負ければ良かった・・・・。



こんなところかな。まだまだやることいっぱいあるな〜。


今月は大学の授業があるし、来月テストがあるんで、雀荘行く日減りそうですが、まあ、せっかくだし今月は、どこまで攻めきれるかを試そうかな。

もちろんただ、「つっぱる」っていう意味の攻めじゃなくて、いかに攻撃力をあげられるか。

字牌、トイツ、色、チャンタ中心のスピードに打点を加える打法。もっとみがこーっと。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 21:02| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

麻雀はツモだね〜。

いくら配牌がいいときあっても、やっぱり麻雀はツモだな〜って実感。

どんなテンパイを組んでも、どんな良形のテンパイでも、あれじゃあ・・・・。

影村さん曰く、影村さんはかなりのツキだったそうです。

が・・・・

それをさらに上回る下家。

ほとんどあがれない局が続く^^;



もとは影村さんが来る前の3半荘で既にやばめでした。上家一人にやられました・・・・。点数計算も微妙な素人気味の新規客でした・・。

メンタン一発ツモ赤、裏3、4000・8000、5枚オール。

がつがつ脇に振り、

リーチ一発ツモ赤3、裏、3000・6000、7枚オール。

リーチツモ赤3、裏、3000・6000、6枚オール。

トビ寸になった俺が、親番でADの親満で序盤にリーチするも終盤まで空振り、突然上家がリーチ。12〜3順ツモれなかった同テンを、軽々と一発でツモられる。

リーチ一発ツモ赤裏、3枚オール。


待て待て・・・・・


1半荘で何枚取られてるんだ・・・w セットだったら、チップ箱3人飛んでるんだけど(苦笑)



3半荘をこなしたところで影村さんがきて同卓。


とにかくあがきました・・・w あがれねえええええ。

あまりにもあがれなくて、途中で得意の鳴き仕掛けで道を作ろうと試みる。


東場ドラ



チー。







むがああああ!!!

ポン!

これこそ得意技!



高速一騎寄せ!

ポン。



実らず。

今日はとにかく牌に遊ばれました。









が2枚切れた瞬間に



マンズはフリテンになるので、打





ぐだぐだになってきたあああああ



ぷぷぷw

俺、かっこ悪いww



こんな展開がずっと続き、なかなかテンパイすらこぎ着けず、ただただ点棒とご祝儀が虚しく消えていく。

俺「1000両〜。」



数分後・・・・・



俺「1000両〜。」



あれ・・・またない・・・・・



俺「500両〜。」




ドMな僕ちん、楽しくなってきましたwww

夕方には帰る予定が、きもちよ・・(ごほごほ



既に15000円を超えている。



東1の親で、ふと8〜9順目に、すっと出た対面の影村さんのにビンビンに感じた。

メンチンはいったか。しかしこっちだってテンパイ。場に安いピンず。

が、直後にを引く。

大きく息を吸って影村さんを見た。


じゅううううううううううう






卓上の牌が燃えてるぜ!!!!



通った!!



と同時に影村さんつも。メンチンの倍満。


よく親っかぶりする日だ・・・・・。


まあ、あの捨て牌でメンチンに冷静に気づいたってことで及第点。




んー。ほんとは書くこといっぱいなんだけど、どれもこれも同じようなのばっかりだな・・・・。

が6枚(リーチ後7枚に)場に出ている待ち7枚生きの7順目ツモっぱねリーチが、空振り・・・・空振り・・・・、

どこにいるんだ、この激生きのは・・・・・

って思ってたら、のバッタにささって跳ね満振って飛んだとか。

プロが冷静に、「あー、それがっちりガードされてますね。」



へ?w



まー事件はいっぱいありました。

なかなか麻雀難しいっすな。



4144434224で17350円負け。

いやあ派手に負けた。


取り返せるのか・・・・この負け額・・・・w
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:33| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

風呂上りにw

暇な人はお付き合いくださいw

らしいあがり(?)の1局です。


ドラ

最初は食って1000点かと思ってたんですが(トップ目38000点ほど)、2順目に下家がを切ったときに、脳に????が飛んできて。

これ決め手の跳ね満になりそう。

3順目を引いて手が止まる。そして小考・・・・。



が出るもスルー。2枚目もスルー。

そして無駄ツモなしでテンパイ。8順目あたりで、



右端で重ねた牌が、記憶が薄れてますが、確かだったと思います。なんせチートイとかしょっちゅうやってるんで・・・・。

なんにせよ、やっぱり1000点じゃなくて、決め手の跳ね満でした。

麻雀はチートイツを制せ!

格言ですね。

結果は、宣言牌のを影村さんがポン。



ツモ!!!! 



俺の目がカッと見開く。




影村さん「3000、6000!」




・・・・・。絶句です。やってくれますね。俺の倍満を食い取るなんて。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 22:28| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂が沸くまで

そいえば今日は普通のあがりよりも、アクロバティック?なあがりが多かったです。らしいと言えばらしいのですが。

ラス前の親のトップ目で、リーチに対してのみ手の片あがりタンヤオで押してあがったり。



と切ったところで親リー。南家の俺は一発で切り。

チートイのシャンテンで、残りの3牌は安全牌だけど、ここでフリテン受けを残すのは中途半端。

しかし次順ドラを暗刻にして方向転換。安全牌の3枚を落としにかかるw

ポン!

さあ見えてきた、俺の捨て牌。



この捨て牌のポンと、親リーか。敵だったら面倒くせーやつだなー・・・・。

トイトイが確定してるところでポン。

役がついたので、今度は捨て牌のを見て、トイトイを消して南ドラ3に受ける。



そしてドラを引いてカン! りんしゃんつも!

チートイの1シャンテンが、親リーを受けてトイトイに変化し、そして役牌の両面に変化。

いかにも俺っぽいあがりでした。



よっしゃあ、風呂沸いた!
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 21:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見せ牌バッタ

2124411で2450円浮き。

テンパイと同時にリーチ宣言をするとき、 こんな感じに右に寄せてて、を見せ牌に・・・・。

4枚切れ。

はドラ。

しゃあねえ! 見せちまったのは俺が悪い!!!

俺「見せ牌!!! リーチ(泣)」

まあ、いいや。ツモっちまえ。

そしてドラをツモ!!! 裏3!! 倍満4枚!



終わってからは、影村さんとフッキーのお見舞いに行ってきました。けっこう元気そうで良かった〜♪
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 18:59| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。