2007年04月16日

再起を賭けて。

ボロボロに負けてからの復活戦、相手は茶柱さん。相手に不足はねえええ!

今日の朝、家を出るとき目標を立てていた。

まず1トップをとること。そして、自分の麻雀をちゃんと表現すること。結果よりも内容だ。

風向きは変わりつつあった。

序盤は流れの取り合いだった。上家がゼンツでささりまくる中、誰が流れをつかむかという試合。

茶柱さんに走られるも、なんとかくっついていく展開で、明らかにこの前とは違った。

とにかく我慢した。

安手をあがりながら受けに回った。リーチに対しては、無筋を切りながらも受け切る。

そして3半荘目、ついに23半荘ぶりのトップをとった^^v



今日はバランス重視に切り替えて、強引な攻めはせず、とにかく受けとフットワーク。

影村さんが後ろで見た中では、678の三色と789の三色の天秤でしたっけ。


ドラ

バリエーションの多さなら自信がある。

三色がくずれた以上、打が手筋。

が、あえてここは打





昔やったことがあるこの技。



これこそ食いかえの醍醐味w



即出の満貫。

とにかく鳴きで自分を表現する。それこそ俺の生きる道だ!



ポンから入り



ダブ南をツモれば跳ね満の手に仕上げ、


ドラ

タンヤオにいくとドラが出るため、けん制も含めてから食いついて、



鳴きは見えないところを追うと、どうにでも変化する生き物。

その後もタンヤオと字牌のダブルバック、色染めと字牌のダブルバック、三色と役牌のダブルバック、トイトイと字牌のダブルバック、いろいろなバリエーションで鳴いた。

あれ・・・・牌姿が・・・・。あ、そうだそうだ。

こんなのも。



東場のラス親での仕掛け。高めツモで8000オールの手。

そういやこれ、あがれなかったな。字牌が出切って、相当安そうに見えたと思うんだけどw


あとは見せ場といえば、得意の染め手。


ドラ

10順目をツモって、場を見渡す。これだけ俺がピンズを固めているのに、ピンズが出てない。

山にいる!!!!!!!

うおおおおおおおおお





2順でメンチンに切り替わり、流局間際に倍満をツモあがる。


まあいろいろありました。

打撃、受け、絞り、どれも持てる物を表現できたと思います。

ちなみに絞りですが、影でかなりの絞りを見せていました。

一番いい(ひどい?w)例をあげると、タンヤオ三色赤のカン待ちでテンパイをしても、待ちが2枚きれであるのを見て、ドラのを切らずに抑え、テンパイをはずしたり。

上家がでダマの親満にささったのを見て、ひやひやしましたw



で、今日の結果は、231321413212443で、4250円負けです。

結果にはもちろん満足いってないですが、今日のような麻雀が打てれば、今の悪い風が過ぎ去ったとき、またいい結果が出せると思います。


今日の敗因はといえば、好調の茶柱さんに対して、上家が真っ向勝負をしてしまったこと。中盤で、完全に茶柱さんのリーチをかわしにかかっていた俺だったけど、俺のかわしよりさらに前線に飛び出してしまったこと。

別に上家のせいってわけじゃなくて、俺がもっとかわしにいってることをアピールするとか、そうでなければ逆に、茶柱さんのリーチ仕掛けにあえて俺が飛び込んで、上家を降ろして1対1の状況を作れればよかった。

当然1対1、リーチ対かわし、となれば、圧倒的に俺の方が有利になる。


そして最大の敗因・・・・・は・・・・。

あのインパチだな・・・・。体力不足が否めません・・。

ずっと椅子に座ってて、左足がしびれたので、さすりながら打っていたら、とある1局で、完全に場が見えていなかった。

上家の仕掛けに対してが切れずに、単騎で押していた。

しかしこのとき、俺の視界から茶柱さんの存在を完全に消してしまった。

仕掛けに対してピンズを勝負した瞬間、茶柱さんから「ロン」の声。

メンホンのインパチだった。

このインパチ後、2000円ちょい浮いてたところから、ラスラス3着で一気にマイナスに転落しました。



集中力、麻雀体力が、だいたい俺はいつも8〜10半荘。これを過ぎると極端に集中が切れる傾向がある。

治さないとね。




と・・・・。特に今日の敗因には関係してないのですが、俺自身の麻雀の弱点がちょこちょこ見えたときがありました。

基本的に「渡り」の麻雀を打つ俺は、渡るときに1〜2順テンパイをはずす隙がある。

上のメンチンがいい例だけど、渡る瞬間に1順テンパイしてない順目がある。

当たり前といえば当たり前なんだけど、トイトイ・色染め・チャンタ、いろんな渡り打ちを基礎にする打ち方の自分の麻雀は、どうしても一度テンパイをくずす順目が存在します。

その隙をうまく抜けられると、手が打てなくなりそうですね。

まあどんな打ち方・スタイルを採るにしても、弱点は絶対あるんですけど・・・・。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:27| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

続・麻雀のスパン

あれ・・・・、よく覚えてないけど、麻雀のスパンについて書いたのはこのブログでしたっけ・・・。はこぱらで書いたような気もするけど。

まあざっと言ってしまえば、麻雀のスパンの捉え方なんですが。フリーでは「半荘」から「一日」単位のスパンで麻雀を考えることが大切なのに、「局」から「半荘」の短いスパンでしか考えていない人が多いな〜って話なんですが。

理由は、局や半荘で勝ったとしても、一日で勝てなかったら、それはフリーでは負けになるから。

当たり前じゃんと言うかもしれないけど、意識してる人少ない気がします。

野球で言えば、9回に出てくる抑えのピッチャーでもない限り、普通先発は1日での勝ちを目指す。

つまり、「一日」というスパンで考えなければならない。


昨日、松坂がイチローと対戦した。マスコミが大いに騒ぎたてたことが松坂の気持ちを少なからず助長し、目をイチロー1人に向けさせたことは否定できない。

俺は野球について詳しくないけど、あの日の松坂のピッチングは、先発である以上本来「一日」というスパンで考えなければいけないのに、イチローに勝つというわずか1打者に力を入れすぎて、つまり「1回」というスパンよりさらに短い、「打者」というスパンでピッチングをしてしまったことは俺でもわかった。

マスコミが言う「イチローに力を入れすぎて、次の打者から気が抜けた」ということじゃなくて、松坂自身イチロー以外のバッターに力を抜いた気なんてなかったはず。

じゃなくて、スパンを短くとらえすぎてしまった。言葉を換えれば、「イチローと対戦する試合」になってしまったのだ。1試合を投げる中で、イチローという打者がいる、というスパンでとらえられなかった。


まあ、本人もコメントしたように、「悪い癖」「自分らしい」なのでしょうねw

で、まあその試合を例にとりたいんですが。

松坂対イチローという因縁のなんたらかんたらという歴史や男同士の勝負といった概念は置いといて、試合に勝つということを考えてみてください。


俺が言いたいのは、いくらヒットを打たれようが、ホームベースさえ踏ませなければ勝てる、ということ。もっと長いスパンで言えば、ホームランを2〜3本打たれようが、残りの回を抑えきれば勝ちきれるということ。

麻雀で言えば、半荘の中でいくら振り込みがあろうが、南4局にトップにいれば勝てる。もっと長いスパンで言えば、どでかい振り込みが2〜3回あろうが、残りの半荘をきっちり制すれば勝ちきれるということ。


たとえば1回から3回まで完璧に抑えきり、かなりの絶好調気味。そんなときに4回に2アウト1・2塁でイチローがきた。2番バッターは最近不調。

どうするか。「1回」という短いスパンで考えれば、敬遠する方法もある。イチローにタイムリーを打たれるのが怖いからだ。

そこで敬遠をする。その1回を次のバッターで打ちとり、その回を抑えきった。

一見妥当な方法(うまい方法)を採ったかもしれない。

しかし・・・・・

「一日」「1試合」というスパンで考えたとき、絶好調で3回を投げ切ったピッチャーが、突然イチローを怖がって敬遠をした、とも捉えられる。

そのイチローを怖がってしまった結果、5回以降相手がつけいる隙ありと見てガンガン攻めてきて、打たれ放題になってしまうことにもつながる。

あれだけ調子良かったのに、5回以降ボロボロだった・・・と・・・。その結果試合に負けてしまった・・・・。



では麻雀に話を戻すと、3半荘まで3連勝で絶好調。そんなとき4半荘目オーラスに、誰もが認める強者からの親リーが入った。

「半荘」というスパンで考えれば、降りるのが妥当かもしれない。

ここで降りを選択してべた降り。次局1本場にその強者に手は入らず、逃げ切りのトップになった。

一見妥当な方法を採ったのかもしれない。

しかし・・・・

「一日」というスパンで考えたとき、絶好調で3連勝をしている人が、突然強者の高いか安いかもわからないリーチに怖がってべた降りした、とも捉えられる。

これは流れ論という話ではない。5半荘目以降、絶好調の相手なのに、つけいる隙が大いにあるということだ。

その後その強者だけでなく3人でバンバン攻めた。その人は4半荘まで4連勝だったのに、3人に、「絶好調なのに俺らにびびってる」という印象を与えた結果攻められ、終わってみれば「一日」単位では負けてしまった・・・・という結果にもつながる。


前半好調だった人が崩れるパターンの1つだ。もっと長いスパンで、「一日」の勝ちを目指すのであれば、4回の2アウトでイチローと勝負をする選択もあるし、もしくはただ敬遠するのではなく、変化球をうまく使いヒットを打たせないようにして、四球にして歩かせてもいい。

麻雀なら、4半荘目のオーラスに、強者の親リーにまっすぐつっぱり返す選択もあるし、もしくはただべた降りするのではなく、自分にだけ見えている壁や読みをうまく使い無筋も切りながら、放銃しないようにして、流局にもちこんでもいい。

残りの5回を戦う相手の心がどれだけ違うかが想像できると思う。

麻雀では、ピッチャーの心境が見えないのと同様、手牌が見えないのだ。四球ねらいの変化球だろうが、流局ねらいの無筋切りだろうが、周りにはわからない。


まあ・・・・絶好調だからと言って、全球ストレート勝負をするのも、見た目はかっこいいかもしれないけど、打たれた時のダメージは大きすぎ、それもその後崩れるパターンに陥ると思うけどw



スポーツを見ていて、前半好調だったのに崩れて負ける試合などを見ていると、大抵この「恐怖心」を見せてしまうことか、好調だからと攻めすぎてしまうことの2パターンが多い。

いつもながら、スポーツ観点から麻雀を見てみました。

桜井章一氏が言う、スポーツのできない子は麻雀で伸び悩む、という言葉はこういう意味合いもあるのかな〜なんて思っています。

けっこうスポーツ好きの茶柱さんなど見ていると、こういう観点も持っていそう。同卓してると一日通して安定してるし、4回のオーラスにストレートや変化球投げてるの見るしな〜。勝負所ではけっこう勝負してると分析してます。


実際どーだか知らないですけどね(笑)

俺自身は一日単位での浮き日がけっこう多い方なんで、こういうスポーツ観点、「一日」スパンの観点も、そう間違ってもいなそうです^^



しかし・・・・・



今の俺、説得力ねーーーーーwwww 2日で32000円、2日で20点も打たれちゃった、みたいなピッチャーでしょうか(笑)

うおおおおおお、麻雀が、、、、、打ちてえええええ!!!!



●さらに暇な人だけどーぞ・・・・●


このスポーツ観点から2日間を振りかえってみた。

ひどいな・・・・。

いくら点数を取られても、表情変えずに淡々と投げるピッチャー、に過ぎなかった・・・・。

いろいろあったな。

あの場面、敬遠って方法もあったな。盗塁狙いの打者を差すこともできたな。

悪循環でもあった。手が入るから前に出て、そのままストレートを投げる。おれがストレートを投げるから、周りも前に出てきてそれを打ちにくる。球は走っていたかもしれない。150キロくらいの速球だったかもしれない。しかしワンパターンになればそれも打たれるのは当たり前。

手が入りながらも、自分が一歩引く方法もあった。引くのも勇気。

そうか・・・・・




俺に足りないのは、「降りる勇気がないこと」だ。


あー自分で書いててそれはあるかもって思ってきた。

降りるの怖いもんなー・・・・。


どうしようもないとき、打者と勝負するだけの麻雀を目指すだけじゃなくて、ときには打者を歩かせることも・・・・必要だなあ・・・。

それと、「ダマにする勇気」も必要だろうな〜。

ダマで構えるの怖いもんなー・・・・。



それだあああああああ!!!



は〜や〜く〜、麻雀し〜たいな〜♪
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:14| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

メンバー代走

代走は非常に難しい。かなりの技術が必要になる。

常連の人の中には、俺なら出来る、と考えている人もいるかもしれないけど、そう簡単でもない。

特に理由がない限り、代走に要求されるのは

1.スピード

2.振り込まないこと

3.高打点をあがらないこと

4.息をひそめること

5.時間を予想すること

1についてだが、本来代走にはスピードが要求される。あくまでも主役は客3人なのだ。よっぽどのことがない限り止まることは良くない。

2の振り込まないこと。これが最重要課題。いかなる理由があっても、振り込みだけは回避しなければならない。「ダマ満貫をはっていたから」「順目が早かったから」そんなのは言い訳に過ぎない。客が帰ってきて点数が減っていたら、そんな事情は全く客からは見えないからだ。

何がなんでも振ってはいけない。例えばリーチが入ったときに、既に満貫をテンパイしていたとして、一発目に無筋を引いてきたとする。こんなときは、何も言わずにテンパイをくずして降りることだ。「すいません」とか言いながら時間を稼ぐのは愚行。1のスピードとの関係でも、ノータイムで捌かないといけない。

降りてる時に客が帰ってきて、「なんで降りたの?」と言われれば、「代走ですから。」の一言で済む。

これがどんな理由であれ、振っていたらどうだろうか。「なんで降ってんの?」 「満貫をテンパイしていたので押しました。」

納得いくだろうか。

そしてもう1つ、振る形で止まっていて、客が帰ってきてその牌で振るのも良くない。振る形で残してはいけない。

無筋を1枚抱えたテンパイ状態で渡すくらいなら、ある程度降りた状態で渡したほうが全然いい。



次に3の高打点をあがらないこと。もう手なりでどうしようもないときは仕方ない。しかし、そうでないのならば、手作りは決してしないこと。手なりで安全牌を残しつつ、常に防御に専念する。手作りなどしてうまくいって、客が帰ってくる前にたとえば跳ね満をあがってしまうことが良くない。

「え?」って思う人もいるかもしれないけど、跳ね満をあがっておいて喜ぶのは、代走を頼んだ本人だけなのだ。残りの3人には不愉快としかいえない。

代走は常に、本人の利益のみでなく、卓全員の気分を害さないことも重視しなければならない。

例えば配牌で10種あるとしよう。急いで切りだすことだ。これに尽きる。変な話、客が帰ってくる前に、配牌が国士であったことを悟られないように崩すのだ。

これには他にも理由があって、国士やチャンタにならなかったときが一番困るのだ。国士やチャンタ配牌だからと言って、真中がCピンだけだったとしてそれを切りだして、2順目に赤Dを引いてきたらどうにもならない。当然赤を切るわけにもいかなく、端牌を切ることになり、帰ってきた客は、「何してんの?」ってことになる。



とは言え、もちろん崩すだけではいけない。理想は、安全牌を2枚抱えた2シャンテン、もしくは安全牌を1枚抱えた1シャンテンで渡すことだ。客が帰ってきて、端に残っている牌をすっと切って当たられる心配もなく、テンパイへの楽しさも残っている。


4の息をひそめるというのは、いろいろな意味がある。客の代走のときは、世間話等をひかえること。自分の金で打つわけじゃないから、絶対に集中しなければならない。ただただタンタンと打てばいい。あがらず、振らず、淡々と。


5にはホール技術が必要になる。誰の代走はどのくらいの時間で帰ってくるか、というのを記憶しておくのだ。電話をしにいったのか、トイレにいったのか、それによって打ち方ががらっと変わる。というか変えないといけない。

少なくとも電話であれば1局は戻らないのが普通。つまり、かなり守備的に打つほかない。どんなひどい手牌になろうが、降りに従事する。そのひどい手牌を見せないためにも、時間を測っておくことが必要だ。

逆にトイレだけで、この人はいつも早く戻ってくる、という人の場合は、普段通り打てばいい。帰ってくるまで普段の自分の打ち方と同様に、手を作りながらでもなんでも、好きに打てばいい。ある程度きっちり打った状態で渡せば、客も満足する。

とにかく重要なのは、どの客は、だいたいどのくらいで戻ってくるのかを頭にいれておくことだ。



もちろんこれだけじゃない。当り前のことだけど、赤やドラといったものを切ってはいけないし、鳴き等も指示がない限りしない。(まあこのへんは店によって違うと思うけど。)

鳴きについてだけど、これはかなり技術が必要だけど、鳴ける状態にはならなかったよ、って手牌で返すこともある。

例えば中がトイツのとき、2枚目を切られた、そんなときは、すぐに1枚切っておくこと。2枚持っておくのは良くない。なぜなら帰ってきてどういう心境になるかといえば、「代走頼まなければ鳴いてたな・・・・」と。

だから、わからないように1枚だけ切りだしておくのだ。そうすれば帰ってきても、気づく人などいない。



代走技術の高さは、客に「代走頼まなければ良かった」と思わせないことだ。そのためには、言い方は悪いけど、手をバレないように崩す技術も必要だ。



長々代走について書いてきたけど、代走はほんとに難しい。代走を頼んで失敗した(たとえば振り込んだり)としても、それはメンバーの責任じゃなくて、代走を頼んだ客に責任があります。

以前店側にいたこともあって、俺はできる限り信頼して代走を渡すことにしている。難しいことを知っているから。




と、まあここまでがピンチ代走についてなんですが。

代走関連で、食事代走というものがある店もあると思う。本当の意味での代走だ。

どういうものかというと、客は食事をしながら自分の代走をするメンバーの横で見るというものだ。サイドテーブルで見るため、横の人の手牌も見えるので、口出しはもちろんダメ。

これがまた難しいけど、俺はめちゃくちゃ楽しかったw 上に書いたピンチ代走とは全く違う。客は横でずっと見ているから。

やってみればわかると思うけど、これが癖になるww お客のお金で打つからだ。しかも監視付きww


店長は俺に一任してくれていたので、いつも食事代走は俺が行っていた。腕をブンブン回しながらw 昼飯、夕飯時なんて誰か頼まないか待ってました。


ちなみにこの、他人の金で、他人の監視付きで打つことは、非常に雀力があがります。他人のお金である以上、下手は打てないし、1順目から手順を見られているため、恥ずかしい手順なんかはもちろん、細かいミスまですべて見られるからだ。

リーチに対してべた降りなんてして上がりを逃せば、すべて見られている。かと言って無筋を切って振れば、それも見られている。もーーーーこの緊張感大好きでしたねw

この時期から見られるのが大好きでした。なんせ、自分の攻撃麻雀を、まじまじと見てもらえるんだもん。

もちろん、いつもどおりズバズバ切ってましたけどw

自分のお金だと打てる無筋が、他人のお金になったときのあの重圧感、たまんない。


メンバー業をやりたいという人は、食事代走等、ロング代走の多い雀荘で働くと、雀力は確実にあがると思います。ついでに心臓もw



ちなみに・・・・・



食事代走にはめっぽう強かったです。あの緊張感の成せる技、でしょうね(笑)


あーそうだ。ピンチ代走については、店によってもルールがあるかもしれないので絶対ではないです。おれなりの見解です。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 16:51| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の弱さ。

きっかけはまず1トップ取ることだと思う。どうあがいてもトップが取れなかった。それどころか4万点すら超えず、あがりすらない状態。

この2日間の順位並びを見ると、後半にのびた。

前半良ければそのままつっぱしり、前半悪ければ右上がりの結果になる。

そのラインに乗っているのは、いつもの俺の結果に準じてるってことだから、特に悪くない。

きっちり地運を育てたって言えるのかな。(雀鬼流?w)


だから、右上がりになった結果のラインにもっと角度をつけるだけでいい。

なーーーーんだ、簡単じゃん!w


単純に努力、勝ちへの執着が足りなかったのかな・・・。







・・・・・・・






そう簡単じゃなかったな・・・。すいません、正直まだ、何が悪かったのか自分でわかっていません。

必ずどこかに俺の麻雀の悪さがあったはず。



ほんとはもっと書こうと思ったんですが、2日間の麻雀をいくら振り返っても、まだ原因らしきものが見えません。

結果は右上がりだった。

集中はかなりしていた。

手順も冴えていたことを実感していた。

場もよく見えていた。


ふーむ・・・・。単純に俺の麻雀力不足だったのかな・・・・。

だとすれば、底上げが必要だなあ。



んー・・・、あるとすれば、モチベーションの低さ・・・・かなあ。

空虚感っていうか。

悪い癖ですね。








よーっしゃ! とりあえずせっかく2日間負けたんだ。この逆風楽しむしかねえか♪

32000円なんて、ハンデハンデ。

負けの大記録として、記憶にとめておいてください^^v



しかし、2日間負けただけで落ち込むなんてねー。

やっぱり麻雀って、負けるから楽しいんだな〜。


さーて勉強勉強。明日は、ちょっと息抜きに、「メンバー代走」についてブログ書きます。興味がある人は覗いてください^^
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 00:08| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

試練?・・・それとも・・・・

影村さんとしばらく打てなくなるとのことで、先日のリベンジに。

卓について打ってると、調子いい・・・・。場が見える見える。

東1局からトイツ手を仕上げ、さっそくのチートイドラ3

上がれなかったけど、手ごたえ十分。

2局目。親でまたまたトイツ手・・・・・。ずいぶんトイツ場だなあと思いながらも、またチートイツになっちゃった。

また空振り。

そう・・・・わずか2局で変な雰囲気になってきた^^; あがれなかったとかじゃなくて、ほかの人は平和手等を軽々あがるのに、俺だけがトイツ+チャンタのオンパレード。



こんな感じのリーチだったかな・・・・。目立ちすぎだって・・・・。ツモっぱねのペン

まあ、国士を匂わせて全員おろせればいいか。


・・・・・


親「リーチ!!!」



おーーーーい!!!



流局。


ここから地獄が始まる。冴えてる。脳は冴えてる。手つきも冴えてる。配牌は冴えてないけど、ツモが冴えてる。

なのに・・・・・


勝てない・・・・・


影村さんを含む好調者3人を相手に、サンドバック状態の俺。

3000・6000! 6000オール! 4000オール!


俺はといえば、

という焦った仕掛けを上家がし、手だしでと出てきて、俺はをツモ切り、ロン・・・・。

俺「え??」

思わず声をあげる。

単騎待ちで、ドラ隠れ暗刻の満貫。

あれ・・・・・(泣) どっから仕掛けた・・・。

そこから上家は、手なりでドラ隠れ暗刻をツモるツモる。下家もツモるツモる。

オーラストップ目、2順目チー、3順目、ツモ、2000・4000・・・・

あふんw

何も・・・・できないの?・・・・・


軽いテンパイを連続でいれていくも、全くもってあがれず・・・。

わずか3順目でメンホン白三暗刻のテンパイをいれ、ドラ

これがきっかけになるかもしれない!! 4枚ブロックのこの待ち、完璧だぜ!!

リーチ!!!!

下家の取締役さんから追っかけリーチ。

俺の一発ツモは・・・・・・

ずばっ

取締役さん「ろーーーーーん、満貫。」



うっく・・・・。



ぼくちゃん負けないもん!!



ドラ

むがあああああ!!!! これでどおおだああああ!!!!

テンパイの1順前にど高めを処理されたのもあり、ダマにかまえる。

が・・・・・

上家ツモ。

くう・・・。2枚切れのラス牌軽々ツモりやがった・・・・。

ふう。。。。

まいったね・・・・・。


と思ったら今度親で手が入る。




これまた3順でのテンパイ!

が・・・しかし・・・・・


とんでもないタイミングで、上家と下家が俺のダブ東を切り飛ばしていて(泣)

ううう




しゃあねえ・・・・、メンチンにするかと。

4順目。





と同時に影村さん、打

んーー・・・・・

そして次順影村さん切りリーチ!!

そのリーチ、地獄行きだぜええええええええええ





7順目ふぃいいいいいいばああああありーーーーーーーーーち!!!!!

いやあ、メンチン簡単だな〜。


とかあほなこと心の中で吹いてたら、影村さん、俺に一回もツモらせずツモ。裏3の跳ね満。

後ろで赤い彗星くんが「おーっほっほっほww」



ぐすっ


その後も手は入るも、俺「リー・・・」 「ロン!」 俺「リー・・・・」 「ロン!」

それは吸い込まれるようだった。ドラそばカンチャンとか関係ない。出る形になって満貫、跳ね満リーチになるのだ・・・。しかもわざわざ薄いほうが入って。



そして、うっ、となってると、わずか数順で、「チー、ツモ、4000オール」

ホンイツトイトイ仕掛けなどをしても、字牌バッタが3枚王牌。

7枚生き、3枚ブロックのなども、周りで見てたメンバーの話だと、山にいっぱいいたと・・。

でもうまい具合に、俺にだけこなかった、だそうで・・・・。

はあ・・はあ・・・





1月のようにメンタル壊れ気味で手順ミスしてるとかないんだけどなあ・・・・。



そこで俺は思考を変えてみた。

そういや、雀鬼流の本で、どうしてもひどいときは、「破壊」をしなさいって書いてあったな。あんまりそーいうのするの好きじゃないけど、ここは素直に受け入れてみるしかねえか・・・。




ドラ親番。

ここにを引いて、ノータイムでツモ切ろうとした俺の手が止まる。



ふう・・・・。


大きく息を吸って、一番普段やりそうにない牌に手をかけた。わらにもすがる思いで。





頼む・・・・・




このテンパイでリーチしてもあがれないから苦しんでるんだ。後ろを振り返るなあああああああ





ポン!!




はあ・・・はあ・・・・。1局だ、この1局以外は捨てられないぞ。

周りは6,7,8順目のこの赤入りのドラ面子落としで、「あーん?」って感じ。

そしてこの鳴きで、と食い取って6000オール。



この1局で、一気に牌勢があがり、これ以降、流出の止まらなかった負け額がストップする。

まあそれでもラスが減ったというだけの話だけど・・・w

3人とも勢いが落ちない^^;


5順目のリーチ、切りリーチででロン、16000(2本あまりの・・・・)とか・・・。

鬼だ><

しめくくりは、4000オールでトップの影村さんが、高めをツモって裏3の8000オールでラス・・。

しかしまいった・・・・・。(携帯に記録をつけてたんですが、ポケットにいれたときに消えました・・・)2着4回、3着4回、ラス3回。の14200円負け。

先日と加えて約32000円の負け。それも22半荘で。たった1トップ。

こんなんでいいのか・・・・。

って言ってもここまでひどかったことないからわかんねえーw



今まで何度も、不調を楽しみながら、1万円負けてもそこから復帰したりしてたけど。

俺の力じゃ、先日と今日の2日間ひっくり返せませんでした。

先日はともかく、今日はほんと手順、場況読み、その他もろもろ、絶好に冴えていました・・・。それだけにトップを1回も取れなかったのが悔しいし・・・。




ただ・・・・



1局捨ててした雀鬼流の言う「破壊」に助けられたのは事実です。もう2度とあの手でに手をかけることはないんだろうな〜と思いながらも、麻雀って千変万化、百花繚乱なんだなーって実感。



今まで頑なに打ち方はシステム化したほうが言ってきました。おれの麻雀はとにかくシンプルにシンプルに。それは単に手なりという意味でのシンプルってことじゃなくて、あらゆる手牌において優先打牌を決めて、それに準じて打つということ。

だから、システムに入っていない、つまり全く持って逆の打ち方をすることを否定し続けてきました。



逆を打つことは、圧倒的に不利であることは間違いない。でも今日のようなこともあるだろうから、今後やるかやらないかは別として、引き出しの奥の方にでもしまっておこうかなって思います。

今日のところは、あの手をホンイツトイトイにしようと思った瞬時の発想に評価は加えて、あとはただのヘボだったと。


弱いなー・・・・俺って。



自分の麻雀の才能の無さにあきれる2日間でした。

素直に受け入れよう。現時点での実力レベルはこんなもんだと。負けた時がその人の本当の実力、だもんね。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 21:22| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

やることいっぱいだ

いつぶりかの1万円超えの負けをして、良かった点と悪かった点が浮き彫りになりました。

良かった点は、間違いなくメンタルです。うーん、最後の最後まで体温さえあがりませんでした。

精神面もかなり成長してるんだなーって実感。点5で10半荘で6ラス、あがることすらままならず、1牌テンパイ時に押せばささる、そんな展開で2万円近く負けたのに。

めっちゃ冷静でした。



まあ、麻雀は運じゃないから。あんだけ負けたのも、全部おれの実力だし。

昨日打ってる最中、「下手なりに頑張るか」、としか考えてませんでした。



悪かった点は、攻撃的でなかったこと。常に遅れを取って、たとえ先手を取っても負ける展開だったので、少し引いて打ってました。どんな展開であれ、前に出るスタイルを心がけていたはずが・・・。

普段なら3シャンテンののみ手だろうが、飄々とリーチに無筋切ってるのに、昨日は1シャンテンでさえ前に出れず、その場しのぎの回し打ちをしていました。

どうせ負けるなら、しっかり当たって砕けて、もっと負ければ良かった・・・・。



こんなところかな。まだまだやることいっぱいあるな〜。


今月は大学の授業があるし、来月テストがあるんで、雀荘行く日減りそうですが、まあ、せっかくだし今月は、どこまで攻めきれるかを試そうかな。

もちろんただ、「つっぱる」っていう意味の攻めじゃなくて、いかに攻撃力をあげられるか。

字牌、トイツ、色、チャンタ中心のスピードに打点を加える打法。もっとみがこーっと。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 21:02| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

麻雀はツモだね〜。

いくら配牌がいいときあっても、やっぱり麻雀はツモだな〜って実感。

どんなテンパイを組んでも、どんな良形のテンパイでも、あれじゃあ・・・・。

影村さん曰く、影村さんはかなりのツキだったそうです。

が・・・・

それをさらに上回る下家。

ほとんどあがれない局が続く^^;



もとは影村さんが来る前の3半荘で既にやばめでした。上家一人にやられました・・・・。点数計算も微妙な素人気味の新規客でした・・。

メンタン一発ツモ赤、裏3、4000・8000、5枚オール。

がつがつ脇に振り、

リーチ一発ツモ赤3、裏、3000・6000、7枚オール。

リーチツモ赤3、裏、3000・6000、6枚オール。

トビ寸になった俺が、親番でADの親満で序盤にリーチするも終盤まで空振り、突然上家がリーチ。12〜3順ツモれなかった同テンを、軽々と一発でツモられる。

リーチ一発ツモ赤裏、3枚オール。


待て待て・・・・・


1半荘で何枚取られてるんだ・・・w セットだったら、チップ箱3人飛んでるんだけど(苦笑)



3半荘をこなしたところで影村さんがきて同卓。


とにかくあがきました・・・w あがれねえええええ。

あまりにもあがれなくて、途中で得意の鳴き仕掛けで道を作ろうと試みる。


東場ドラ



チー。







むがああああ!!!

ポン!

これこそ得意技!



高速一騎寄せ!

ポン。



実らず。

今日はとにかく牌に遊ばれました。









が2枚切れた瞬間に



マンズはフリテンになるので、打





ぐだぐだになってきたあああああ



ぷぷぷw

俺、かっこ悪いww



こんな展開がずっと続き、なかなかテンパイすらこぎ着けず、ただただ点棒とご祝儀が虚しく消えていく。

俺「1000両〜。」



数分後・・・・・



俺「1000両〜。」



あれ・・・またない・・・・・



俺「500両〜。」




ドMな僕ちん、楽しくなってきましたwww

夕方には帰る予定が、きもちよ・・(ごほごほ



既に15000円を超えている。



東1の親で、ふと8〜9順目に、すっと出た対面の影村さんのにビンビンに感じた。

メンチンはいったか。しかしこっちだってテンパイ。場に安いピンず。

が、直後にを引く。

大きく息を吸って影村さんを見た。


じゅううううううううううう






卓上の牌が燃えてるぜ!!!!



通った!!



と同時に影村さんつも。メンチンの倍満。


よく親っかぶりする日だ・・・・・。


まあ、あの捨て牌でメンチンに冷静に気づいたってことで及第点。




んー。ほんとは書くこといっぱいなんだけど、どれもこれも同じようなのばっかりだな・・・・。

が6枚(リーチ後7枚に)場に出ている待ち7枚生きの7順目ツモっぱねリーチが、空振り・・・・空振り・・・・、

どこにいるんだ、この激生きのは・・・・・

って思ってたら、のバッタにささって跳ね満振って飛んだとか。

プロが冷静に、「あー、それがっちりガードされてますね。」



へ?w



まー事件はいっぱいありました。

なかなか麻雀難しいっすな。



4144434224で17350円負け。

いやあ派手に負けた。


取り返せるのか・・・・この負け額・・・・w
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 23:33| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

風呂上りにw

暇な人はお付き合いくださいw

らしいあがり(?)の1局です。


ドラ

最初は食って1000点かと思ってたんですが(トップ目38000点ほど)、2順目に下家がを切ったときに、脳に????が飛んできて。

これ決め手の跳ね満になりそう。

3順目を引いて手が止まる。そして小考・・・・。



が出るもスルー。2枚目もスルー。

そして無駄ツモなしでテンパイ。8順目あたりで、



右端で重ねた牌が、記憶が薄れてますが、確かだったと思います。なんせチートイとかしょっちゅうやってるんで・・・・。

なんにせよ、やっぱり1000点じゃなくて、決め手の跳ね満でした。

麻雀はチートイツを制せ!

格言ですね。

結果は、宣言牌のを影村さんがポン。



ツモ!!!! 



俺の目がカッと見開く。




影村さん「3000、6000!」




・・・・・。絶句です。やってくれますね。俺の倍満を食い取るなんて。
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 22:28| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂が沸くまで

そいえば今日は普通のあがりよりも、アクロバティック?なあがりが多かったです。らしいと言えばらしいのですが。

ラス前の親のトップ目で、リーチに対してのみ手の片あがりタンヤオで押してあがったり。



と切ったところで親リー。南家の俺は一発で切り。

チートイのシャンテンで、残りの3牌は安全牌だけど、ここでフリテン受けを残すのは中途半端。

しかし次順ドラを暗刻にして方向転換。安全牌の3枚を落としにかかるw

ポン!

さあ見えてきた、俺の捨て牌。



この捨て牌のポンと、親リーか。敵だったら面倒くせーやつだなー・・・・。

トイトイが確定してるところでポン。

役がついたので、今度は捨て牌のを見て、トイトイを消して南ドラ3に受ける。



そしてドラを引いてカン! りんしゃんつも!

チートイの1シャンテンが、親リーを受けてトイトイに変化し、そして役牌の両面に変化。

いかにも俺っぽいあがりでした。



よっしゃあ、風呂沸いた!
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 21:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見せ牌バッタ

2124411で2450円浮き。

テンパイと同時にリーチ宣言をするとき、 こんな感じに右に寄せてて、を見せ牌に・・・・。

4枚切れ。

はドラ。

しゃあねえ! 見せちまったのは俺が悪い!!!

俺「見せ牌!!! リーチ(泣)」

まあ、いいや。ツモっちまえ。

そしてドラをツモ!!! 裏3!! 倍満4枚!



終わってからは、影村さんとフッキーのお見舞いに行ってきました。けっこう元気そうで良かった〜♪
posted by 爆鳴きりーちヽ(´▽`)ノ at 18:59| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お気に入りリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。